「報告」カテゴリーアーカイブ

【学習会報告】美濃部達吉『憲法講話』(岩波文庫 二〇一八年)

 初版は一九一二(明治四五)年三月一日に発行され、改訂版は一九一八(大正七)年一〇月一日に発行された。それの一九二四(大正一三)年四月一〇日に増刷発行された版が底本。新仮名遣いへの改め、振り仮名送り仮名の補い、漢字表記の平仮名への改めなど、読みやすくするためのあれこれがほどこされている。

 文部省が開催した中等教員夏期講習会(一〇回)の記録であり、「健全なる立憲思想を普及」することをめざし、天皇制官僚たちの通説をつくりだした美濃部の、この時代、おそらく、もっとも広く読まれた彼の著作の一冊である。それがやっとすこぶる読みやすい文庫として、私たちの手にとどいた。

 欧米の立憲主義の精神に、できるだけ引き寄せて解釈するため、国家の内側に君主(天皇)を位置づける憲法体系の構築がなされている。「国家は最高の権力を有する領土国体なり」とし、天皇は統治権の主体でなく「国家の最高機関」であり「権力の最高の源泉」であるとする「天皇機関説」は、実は論理的整合性がない、実にムチャな、アクロバティックな〈解釈改憲〉の体系として成立している事が、よく読める。こうした問題が実は「誰からも委任されたものではない」「国法上当然にも天皇に属する大権」である〈天皇大権〉(「国家の直接機関」)という説明自体が、美濃部のかかげる「公民国家〈立憲制度〉主義」・「民政主義」(参政権)・「法治主義」という憲法原則が、まるで貫徹されていないという事実を自白してしまっている。

 レポーターであった私の第一の関心は、天皇の〈植民地大権〉の位置づけであった。「植民地は本国とは原則としてその行われている法律制度とは異にしている」。植民地は「本国」の法律は適用されない〈天皇大権〉によるストレートな支配地(総督の発する「律令」による支配)。明文規定のない植民地大権を、美濃部も憲法上の権利として平然と論じている。美濃部〈デモクラシー〉の神話を打ち壊す作業の必要をあらためて痛感。

 次回は尾高朝雄の『国民主権と天皇制』(講談社学術文庫)です。ぜひご参加を!  

 
(天野恵一)

【学習会報告】伊藤智永『「平成の天皇」論』 (講談社現代新書 二〇一九年)

 本書は「代替わり」直前の二〇一九年四月二〇日発行。コンテンツを眺める限り興味をそそられる。はじめに 「旅する天皇」、第一章「平成の象徴再定義 なぜ天皇は退位するのか」、第二章「退位政局は続く 保守政治vs.天皇の深層」、第三章「靖国神社参拝せず 政治化した神職らの焦り」、第四章「女性が動かす皇室 象徴を作り受け継ぐのは」、第五章「改元政治と尊皇長州 天皇制をめぐる愛憎の系譜」、おわりに 「再び天皇制と政治とは」。

 著者は、二〇一六年八月八日の明仁天皇(当時)メッセージを「深く」読み解きながら、皇太子時代から天皇即位、退位までの、明仁と美智子による「象徴」再定義の言動につなげていく。もちろん「深く」読み解くことと公正な評価が同一であるわけでない。残念ながら本書もそうであった。著者の思い入れと思い込みが多分に加味され、象徴天皇制民主主義の枠を強化する言論の一つとしてカウントされるべきものだった。

 著者は各章において、政府や宮内庁、神社本庁等々関係者への取材などを通して時系列に整理し、結論に導く。神社界と皇室の関係など、初めて知る事実など面白くもある。しかし説得力を持つかのような論理展開の前提には明仁・美智子による「象徴の再定義」賛美があり、最終的にこの「象徴天皇制」を続けるためにはどうしたらいいのか、と読者に迫る。安倍政権・右派を批判する度に明仁・美智子の株が上がるお決まりの流れも辛い。現在の象徴天皇制を理解し押し進めるための論理展開に、学習会ではつい声が大きくなるのだった。

 次回は、美濃部達吉『憲法講話』(岩波文庫)。ぜひご参加を!   

(大子)

【集会報告】天皇に平和を語る資格なし!8・15行動

 今年は終わりにしよう天皇制!「代替わり」反対ネットワーク(おわてんねっと)の主催で準備。講師に大学教員の松井隆志さんを迎え、改めて「戦後」について考える時間を共有した。

 松井さんは安倍政権と象徴天皇制について、「戦後」の始まりは一章・九条の「抱き合わせ」で始まり、その後も憲法・天皇・安保体制は一貫して維持され、その展開の帰結として現在の安倍政権があり、戦争の責任をとらない戦後だからこその「天皇の輝き」がある、と整理した。とびきりひどいと誰もが思う安倍だが、ここに至る必然的な現代史をこの社会が作ってきたこと、「問題含みの戦後」の始まり方とその歩み方の問題を、天皇制存置が何をもたらしたのかを解いていくことで読み進める。そして、安倍政権がとりわけひどいということも、天皇がそれを後押ししているという実態につなげていくことで理解する方向性を指し示してくれた。それらは、「憲法の持続的腐食」「戦争責任追及の不徹底」「大衆天皇制を前提としたソフトな国民統合」で説明され、私たちがこれまで主張してきた問題ともつなげられていき、わかりやすくとても興味深い話だった。

 その後、八王子での子どもの天皇歓迎動員問題で根津さん、靖国神社での南京代虐殺抗議に対する香港人弾圧について和仁さん、即位・大嘗祭違憲訴訟の会の浅野弁護士、つくば国体反対行動から加藤さん、オリンピック災害おことわり連絡会の鵜飼さん、9・1防災訓練抗議行動の大西さんから発言。最後におっちんズの歌で空気満杯のデモ。ひどい土砂降りの中を何とか貫徹!

 集会一七〇名、デモ三〇〇名の参加。

(D子)

【学習会報告】島薗進『神聖天皇のゆくえ─近代日本社会の基軸』(筑摩書房、二〇一九年)

 島薗は、岩波新書「国家神道と日本人」、春秋社「明治大帝の誕生」と本書を、自身の近代天皇制に関する三部作と位置づける。ほか、片山との対談も含め、いずれも近代天皇制の成立をめぐる通史として読む限りにおいては叙述として共通しており、読みやすい見取り図にはなっている。

 しかし島薗は、国学や「国体論」の中で醸成され「完成」し、かつて支配イデオロギーとして猛威をふるった「神聖天皇」の思想をひも解いてみせるが、それが「象徴天皇」としてなおある現在の問題点については、あまり分析を加えようとしない。一九四五年以降に、戦後改革により国家神道が否定され「現人神」も否定されながら、皇室神道や天皇の祭祀が明には否定されず残存させられたことにより、むしろそれらが天皇制の根幹となったことについても、問題の所在を示しながら論述を避ける。これは、「天皇は権威であって権力ではない」として天皇制の歴史的責任を免罪させる戦後歴史学のドグマが、島薗に貫かれているからだろう。しかし、それこそが政治家や官僚などから不可触の権力を確保しようとする「神聖天皇」の本質ではないのか。

 天皇制が「仁政」と「慈恵」の「福祉国家」の基軸であるかのように天皇や皇族がふるまい、それを受容する社会やメディアの状況など、指摘されておりさらに踏み込まねばならない問題は多い。それにもかかわらず島薗は、天皇や皇族の「公私二元論」の構造に触れず、明仁や秋篠文仁の発言には肯定的だ。議論では、政治史分析の枠組みを欠いていることへの批判が多く出た。
 次回は八月二〇日、伊藤智永『「平成の天皇」論』(講談社新書)を読む。

(蝙蝠)

【集会報告】7・ 20 ─7・ 27 開催一年前 !? 反五輪国際イベント

 二〇二〇年東京オリンピック開催から一年前の二四日をはさむ八日間、7・20─7・27を文字通り連続行動として取り組まれた反五輪国際イベント。反天連も総出で関わってきたおことわリンクも主催団体の一つだ。というわけで、あまりしっかり関われたわけではないが簡単に報告。

 おことわリンクとその構成団体でもある反五輪の会や大学関係者が集まり、それぞれできる部分を担いながら、それでも大変な準備を重ねた結果の八日間だった。二〇日:新国立競技場と湾岸フィールドワーク、二一日:『祝賀資本主義』等の著者ジュールズ・ボイコフを迎えて「祝賀資本主義とオリンピック」、二二日:福島フィールドワーク、同日夜:平昌・東京・パリ・L A ナイトピクニック、二三日:記者会見とメディアワークショップ、二四日:オリンピック大炎上新宿デモ、二五日:研究者・ジャーナリスト研究会、二六日:討論集会、二七日:パネルディスカッション、とハードな日々。私は二二日と二三日を除いて、参加。疲れたけど面白かった。内容報告は割愛。

 反天連界隈が力を注いだのは二四日のデモ。参加者二三〇名でアルタ前もデモも賑やかな行動となった。警察も慣れない外国人対応にどうして良いかわからないという風。面白かったが、来年はそうもいかないよね。連日ピョンチャン、パリ、リオ、ロス、ロンドン、等々からの海外参加者も含め、たくさんの参加者で賑わった。

(大子)

【集会報告】南京大虐殺・靖国に抗議した香港人弾圧を許すな!

 七月一七日、12・12靖国神社抗議見せしめ弾圧を許さない会による、「南京大虐殺・靖国に抗議した香港人弾圧を許すな!7・17集会」が開かれた(文京区民センター、五〇人)。この日行われた第六回公判で弁護側証人尋問が行われ、裁判が大きな山場を迎えたことを受けたものだ。昨年一二月、南京大虐殺・靖国神社
に抗議する行動を行ない、あるいはそれを撮影して逮捕・起訴された郭紹傑(グオ・シウギ)さんと嚴敏華(イン・マンワ)さんは、度重なる保釈申請も却下され、不当な勾留がすでに八ヶ月を超えている。集会は、都留文科大名誉教授の笠原十九司さんの講演から始まった。

 笠原さんは、学界において南京大虐殺の事実と死者の数などもほぼ確定してきているにもかかわらず、安倍晋三が中心になって取り組んできた教科書攻撃の「成果」として、中学校の歴史教科書から「日本軍慰安婦」の記述が消え、「南京大虐殺」の死者についても具体的な数値が消されていることなど、歴史修正主義の安倍政権にとって、南京と靖国が重要な意味を持ってきたことを明らかにした。二人の香港人に対する常軌を逸した攻撃は、その政治姿勢の反映でもあるはずだ。続いて、当日の証人尋問に立った田中宏さんと和仁廉夫さんからの発言、長谷川弁護士による法廷報告もなされた。

 今後の裁判の見通しとしては、次回の第七回公判(八月二八日、一三時半〜)において論告求刑、最終弁論。一〇月一〇日午後、判決公判となる予定。救援会では秋にも集会を予定している。引き続き注目を!(http://miseshime.zhizhi.net)     

(北野誉)

【集会報告】徹底検証!ナルヒト天皇制

 アキヒトの生前退位発言から続いた皇室大フィーバー報道も、退位、即位儀式を経て、十一月に行われる大嘗祭までしばし休息か、メディアの加熱報道は現在吉本興業の話題で持ち切りだ。

 ナルヒトが新天皇になった直後は、皇室祭祀や儀式に続き、トランプ米大統領との会談のような「外交」や晩餐会の模様を、新皇后マサコも同時に持ち上げる新天皇夫婦賛美報道が続いた。

 さらに国会や地方議会では「即位を祝う賀詞」があげられるなど秋にむけ翼賛体制が進められている。

 新たな天皇像とはどのようなものなのか。アチラ側が作ろうとしているこれからの天皇制のあり方を研究分析し、これを打ち破っていく運動の体制をどのように作っていくのかを共に模索するためにおわてんねっと主催で七月一五日に、文京区民センターで表題の集会を行った。

 最初に井上森によるナルヒトの半生を振り返るスライドトーク。膨大な映像の量は、ミッチーブームから始まる皇室情報をTV媒体を通して「国民」にいかに浸透させていったかを物語っている。

 それを受けるような形で、天野恵一は「『代替わり』奉祝ファシズム報道の分析」を行い、続いて、桜井大子は、「皇位継承問題」に焦点をあて批判した。

 最後に小倉利丸さんはナルヒトと水(グローバリズムの観点から)をテーマに「象徴天皇の政治的な関与」の傾斜、政治利用の可能性を示唆された。

 今回、「ナルヒト時代の日米同盟」も重要な視点として柱を立てていたが、発題者の都合で次回のお楽しみとなった。参加者一三〇人。        

(桃色鰐)

【学習会報告】大塚英志『感情天皇論』(ちくま新書、二〇一九年)

 大塚英志は〇三年から天皇制を断念すべきと発言しているが、書籍としてはこれが初めてではないかと思う。
 
柳田国男が構想した、自立した投票行動のできる近代的個人を形成する運動としての「公民の民俗学」を受け継いで近代のやり直しを説き続けている大塚は、アキヒトの退位発言を象徴天皇制という公共性の新しい合意形成に参加する一人の個人の発言ととらえ、「国民」の側はアキヒト即位以降天皇制についての思考を怠り、感情で答えただけだとする。それは公民としてふるまおうとする天皇と公民になれない「国民」という図式だ。公民とは責任主体ことで、天皇がいる限り「国民」は責任主体になれない。「私たちが「個人」にならずとも許してくれるあらゆる思考の枠組を悉く放棄しなくては」ならないので「天皇制の断念」が必要と結論する。
 
彼の問題意識はここまでである。大塚英志には君主制・身分制の問題、差別の問題がまるで見えていないのだ。だから「天皇家バチカン化計画」という錯誤が出てくる。天皇を日本国の外部にしても僕たちは大塚のいう公民にはなれない。断念とは廃止であるべきだ。自身がかつて書いた「少女たちの「かわいい」天皇」を否定までしておきながら、大塚がなぜここで論理を徹底化せず、民俗学的なというかまんが的なというか、妙な飛躍をして逃げてしまうのかといえば、彼が天皇たちにずっと親愛の情を持ち続けているからだ。大塚は天皇と対等な人間同士の関係を結びたいのだろう。この国のナショナリズムを批判し続け、国家の誇りを自身のそれと重ね合わせるあり方を唾棄し続けているというのになんという矛盾か。 

本書の大部分は以上の内容を補強する(はずの)文芸批評に費やされており、天皇制断念論そのものは序章と終章で展開されている。僕は文芸批評も面白く読んだが、大塚の分析枠はかなり偏っていて議論が自閉している印象が強いとの指摘が複数あった。
 
次回は、島薗進『神聖天皇のゆくえ:近代日本社会の基軸』(筑摩書房)を読む。

(加藤匡通)

【集会報告】退位・即位問題を考える練馬の会・連続学習会第四回

「アキヒト退位・ナルヒト即位問題を考える練馬の会」は、六月二二日に連続学習会の第四回として、友常勉さん(東京外国語大学、近代日本思想史)により、「部落問題から天皇制を考える」と題する学習集会を開催した。
 
天皇制は、他国家の類する王政と同様に、世襲により継続されている。そのことが、近代天皇制の成立時に、それまでの貴賤の構造から新たに作られた身分制である華族制度や部落差別と天皇制を一体のものとした。しかし、これは米国が戦後日本の支配システムに天皇制を据えるにあたり桎梏ともなった。戦後においては、植民地宗主国が自らの犯罪を覆い隠しながら、天皇制をそのままに、大日本帝国の人種や身分による差別を「国民主義」の「同質性」に塗りこめなおさねばならず、大きな虚偽が必要とされたのだ。
 
天皇制による「国民主義」という意識が社会を覆ううちに、天皇も「差別」「疎外」された存在だとして、被差別の側の自分たちをこれに重ねるという倒錯した認識が生まれた。これは文化主義的疎外論、文化主義的同化論ともつながり、それはしばしば、反差別という認識から天皇制を撃っていく思想の無力化や内面的抑圧となっていった。
 
フェイク情報の氾濫とともに、言葉や行為への責任が混乱し、「倫理」や「正義」も拡散させられる。その中で、新たな反差別・反戦・反植民地主義の意識形成を、かつての差別糾弾闘争の再定義とともにやり直さねばならないのではないか。友常さんの問題提起は重たいものとして響いた。
 
練馬の会は、今回を含め、一昨年一二月から五回の集会、四回の学習集会を開催してきた。次回は、第五回学習集会として、八月二七日に、武蔵大学の千田有紀さんの「皇室におけるジェンダー(仮)」を行う予定だ。ぜひ参加を。

(蝙蝠)

【集会報告】『女性宮家」「女系・女性天皇」 論議をどう考える?

六月一四日、女性と天皇制研究会(女天研)が集会を開催。「『女性宮家』『女系・女性天皇』論議をどう考える?」と題し、「女性天皇」容認論をふくめ、皇位継承問題について、この間メディアはどのように論じているのか、その内容検証と批判が主な目的であった。
 
規模的にはいつもの講座に近いが、今回は恵泉大学教員の齊藤小百合さんに講演をお願いし、質疑・討論を通して、新天皇即位後の皇位継承論議に、女天研の立場から参加者ともども介入していこうというものだった。
 
憲法学が専門の齊藤さんは、皇位継承問題もさることながら、天皇制そのものの違憲性について詳細に語られた。憲法一章(一条〜八条)が、いかに憲法の理念に反しているか。それは女天研でもずっと問題にしてきたところで、そこを憲法学的に専門の立場から話していただけ、力を得た。
 
そして、敗戦後天皇制を残し、現在も支えているこの日本社会の問題。憲法一条批判と同時に、一条にある「この(天皇の)地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」を引きながら、原理的には日本社会を構成する人々が天皇を否定することによって天皇制の土台を掘り崩し、天皇制をなくしていけることを、繰り返し力説された。それはパワポ(アニメーション)を使った、爽快な天皇制度崩壊の図で説明され、会場は盛り上がり、集会は笑いと納得が入り乱れながらあっという間に終了。
 
女天研は四月に「代替わりを祝わない!天皇はいらない!」と題するリーフも作った。この天皇ファッショ状況にこれからも反対の声をあげていきたい。

(大子)