「報告」カテゴリーアーカイブ

【学習会報告】思索者21『天皇と神道の政治利用:明治以降の天皇制の根源的問題』 (花伝社、二〇一九年)

 本書は「思索者21」というグループによる共同研究の成果ということだが、これは法学者である土屋英雄筑波大学名誉教授を中心とする研究会のようだ。

 安倍政権などによる天皇利用による復古、それに対して護憲の立場から危惧する天皇という図式は、もはやありふれた道具立てである。本書の立場も明らかにそうで、いちいち引っかかる点が多く、楽しい読書ではなかった。ただ、それ以外の部分については、国家神道の歴史についても政教分離や主権在民原則についても、オーソドックスともいえる整理が続く。そのほとんどは整理にとどまり、著者たちの主張が前面に出ているとはいえない(学生のレポートを読んでいるようだという感想もあった)が、その点だけは「使える」部分はある。

 政治権力と天皇との関係の説明は、明治維新以来の「天皇を利用の道具と見るのは長州系の伝統」という、かなり雑な根拠によっている(安倍も長州系であるとか)。明治維新で、討幕派が天皇を玉として使ったというのはその通りだろう。「制度としての政治利用」が構造化されたのが近代天皇制であるといいたいのかもしれない。だが、そうであればなお、近代天皇制国家における天皇という存在は、国家の外にある操作可能な道具とはもはや別物であることが意識されてもいいのではないか。

 本書の主張でいけば、象徴天皇制とは、天皇の政治利用の余地を断つものとなるべきということになろう。しかし、天皇の行為を「内閣の助言と承認」で縛ったことが、逆に天皇の政治利用の回路を保持することになったと整理され、天皇の「代替わり儀式」が登極令に基づいて行われたのも、神権政治への復古を図る政治による天皇の利用だという。それだけでなく、生前退位をめぐる天皇の発言は、憲法を擁護し尊重するものであって憲法九九条に則った行為である、自民党の憲法草案で天皇の憲法尊重義務を外したのは、そういう形で天皇が憲法に加担することを阻止するためではないかと推測するに至っては、もうねじれ切っているという感想しかもてない。

 書名にある「天皇」と「神道」という近代国家の統合装置のありようは、それぞれ位相も異っていよう。そのそれぞれが近代国民国家においてどのように機能してきた(きている)のかということは、具体的に問われるべきである。「政治利用」を出発において、結論的にそのことを確認しているだけではすまないのではないか。

*次回は遠藤正敬の『天皇と戸籍』を二月一八日に読む。    

 (北野誉)

【集会報告】「即位・大嘗祭」違憲訴訟、国側に一矢を報いる!

 二〇一八年一二月に提訴した「即位・大嘗祭」違憲訴訟。「代替わり」儀式が進行してしまうなかで裁判も進んできたが、昨年一二月二四日、東京高等裁判所において、予想外のことに「原判決破棄」の判決が出た。被告(被控訴人)の国に対して一矢報いたのである。

 その前に、この裁判の構造を整理しておく必要があるだろう。

 この訴訟は、現在二つの裁判で成り立っている。一つは「国賠請求裁判」で、これは二〇一八年末提訴の第一次訴訟と、二〇一九年三月の第二次提訴分が併合されて、合計三一八人の原告によって、現在までに四回の口頭弁論が東京地裁でおこなわれている。

 もう一つの裁判が、「代替わり」諸儀式の差し止めを求める裁判である。言うまでもないことだが、原告団で提訴した内容は国賠と差し止め一体であり、本来同一の法廷で審理されなければならないものだった。しかし地裁は、不当にもこの訴訟を、恣意的に「差し止め請求分」と「損害賠償請求分」とに分離し、異なる部に係属させて、別々に審理することにしてしまった。こうして裁判は二つ(第一次訴訟と第二次訴訟の別を入れれば四つ)に分れることになった。

 差し止め請求のうちの第一次訴訟分は、一回も口頭弁論が開かれないまま、昨年二月五日に東京地裁で却下、四月一七日に東京高裁で棄却決定と続き、最高裁も一〇月一日に上告棄却の決定を下してしまった。

 同じく分離された差し止め請求の第二次訴訟分についてだが、東京地裁は第一次同様、六月二八日に却下の判決を下した。原告団・弁護団は当然これに対して、控訴を申し立てた。すると、意外なことに東京高裁は口頭弁論を開くと言ってきた。一一月二六日の法廷は、控訴人(天野恵一さん)が意見陳述をしたものの、裁判長はきちんと聞いているようでもない。弁護団は、審理をきちんと継続しろと強く要求したが「却下」と言い放ち、たった一〇分で法廷は終わってしまった。

 そして一方的に指定された一二月二四日判決当日。前回の裁判長の態度から、不当判決必至と構えていた私たちの耳に聞こえたのは「原判決破棄・一審差し戻し」。?! もしかしたらこちらの勝ち? 判決内容は、地裁判決は原告側が主張した納税者基本権にもとづく差し止めを却下したのだが、人格権にもとづく請求については判断していなかったため、手続き上法令違反にあたる、という判断。形式的な理由とはいえ、結果的に、原判決の破棄と一審差し戻しを要求していた原告側の訴えが認められることになったわけで、予想外の結果に狼狽していたに違いない国側代理人の顔を見て、思わず嬉しい気持ちがわいたのも正直なところ。

 今後、被控訴人(被告)である国は、高裁判決を不服として最高裁に上告することになるのか。上告しなければあらためて一審で裁判をやりなおすことになるし、上告したらしたで、もし被上告人(原告)の逆転敗訴を導こうとすれば、最高裁で弁論を開く必要が生じるという、これもまた希有な展開になっていくはずである。ぜひ、注目していただきたい。 

 なお、国賠請求分の五回目の口頭弁論は二月五日(水)一四時三〇分から東京地裁の103号法廷。ぜひ傍聴して下さい。

(訴訟の会事務局/新孝一)

【集会報告】おわてんねっと集会「終わりにしよう天皇制2019」

 二〇一九年の「代替わり」反対を闘い抜いた「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク」(おわてんねっと)は、一二月七日、千駄ヶ谷区民会館で「終わりにしよう天皇制2019 12・7大集会&デモ」をもった。おわてんねっととしては(たぶん)最後の街頭デモを伴う集会である。 

 集会のオープニングは、すでにおなじみ「おっちんズ」の歌・「元号やめよう」。続いて、これも毎回好評のコント。舞台は怪しげなスナック「大嘗亭」。闘争の連続で多忙な中でもよく練られたシナリオと、「玄人はだし」の演技と声優ぶりが、何度も爆笑を誘った。引き続き、「11・9国民祭典」のスライド上映が行われた。構成と解説は桜井大子。各省庁が横並びで後援している奉祝式典なのに、「民間」主催という形式で、グロテスクな神道主義(日本神話の絵解き)が前面化していること、他方「嵐」や芸能人が登場して祝祭ムードを盛り上げていることが分析された。

 休憩を挟んで、リュウセイオー龍の舞踏。肉体をエネルギッシュに躍動させてのパフォーマンスに魅せられた。続いて「スライド&トーク 代替わり反対行動をふり返る」。前史も含めたおわてんねっとの活動を、司会の京極紀子と、井上森ほかおわてんねっとのメンバーが解説。ずいぶんいろいろな行動を重ねてきたものだ。最後に再び「おっちんズ」の歌・「天皇に平和語る資格なし」「天皇制はいらないよ」で、集会は終了。

 この集会で示されていたような多様な表現と行動、これこそが一年間の反「代替わり」闘争を支えたエネルギーであったことは明らかだ。

 その後渋谷デモに移り、原宿駅前から渋谷に向けてのデモ。右翼の姿はごくわずか。注目度は高く、宣伝カーからの呼びかけも好評だった。集会とデモの参加者は約一〇〇名。 

(北野誉)

【報告】反天連が「第31回多田謡子反権力人権賞」をいただきました

12月14日、関西救援連絡センター、エリザベス・アルオリオ・オブエザさんとともに、反天連が「多田謡子反権力人権賞」を受賞しました。

「賞」のつくものとは無縁な私たちですが、29歳で急死した弁護士の多田謡子さんを記念して1989年に設立された「反権力・人権」のために活動している団体・個人に贈られる賞です。メンバー一同、とてもうれしく頂戴しました。

授賞式では、天野恵一が反天連の創立の頃と、自分が逮捕されたときに接見に来てくれた多田謡子さんの思い出を語りました。

なお、反天連の受賞理由は、以下のようなものでした。

 

 反天皇制運動連絡会は、1984年に発足し、89年1月の昭和天皇死去にあたっては、自粛と哀悼の意の強制を拒否し、1年に及ぶ「天皇代替わり」の国家行為に反対して、果敢に街頭に出て闘いました。30年後の2019年、「天皇の生前退位」と称し、安倍政権が膨大な国家予算を浪費して行う、神道にもとづく天皇家の宗教行為と、「令和」への改元祝賀キャンペーンに対しても、「象徴天皇制」を推進する与党・野党、マスコミ、「国民世論」といった魔物に立ち向かい、反天皇制の旗印を鮮明にして闘っています。
 敗戦と旧連合国・米国の占領をへて成立した現在の日本国と「象徴天皇制」は、1945年8月15日以前に大日本帝国が犯した戦争責任から決して逃れることはできません。そして、これまでよりひとまわり広範な人びと、500人を超える参加者で行われた10・22天皇即位式反対デモで、まったく無防備な参加者3人が不当逮捕される事態が示しているように、天皇制が暴力と弾圧とともにあったのは戦前だけではありません。「象徴天皇制」との闘いを回避する姿勢を拒否し、天皇制反対の鮮明な旗を掲げて闘い続ける反天皇制運動連絡会に、多田謡子反権力人権賞を贈ります。

 

→ 主催者の報告はこちら

→ こちらにも参加者の報告があります。

 

【学習会報告】河西秀哉『皇居の近現代史』 (吉川弘文館 二〇一五年)

 ムツヒトの東京移転により江戸城が「皇居」とされてから、空襲により焼失した宮殿を戦後再建するまでを、皇居を開こうとする力と閉ざそうとする力のせめぎあいとして記述している。二回の宮殿焼失は二回とも天皇による「国民への配慮」を理由に再建が大幅に遅れたこと、皇居の見学者枠は宮殿造営献金者と国家的任務担当者から始まり徐々に拡大していったものの、社会主義の浸透やコレラの流行により縮小、ヨシヒトの死によりほぼ停止したこと、アジア・太平洋戦争期には御府と言う皇居内遊就館のような、機能的には靖国神社と変わらない施設のみが見学を受け入れていたこと、皇居見学を選挙運動に利用した人々がいたこと、敗戦後焼失した宮殿を放置し、新聞に取材させることで天皇制廃止の議論への歯止めを期待したこと、戦後二度にわたって富士山や東京湾へ皇居を移転や開放の議論がなされていたことなどが語られている。

 皇居のイデオロギー装置としての分析は少ない。本書は様々な資料に当たり、議論を追いかけ、かつそれらをコンパクトにまとめている。しかしそこまでだ。皇居を舞台にした「事件」としては開こうとする力につながる例として二重橋事件が挙げられているものの、食糧メーデーも血のメーデーも出てこない。天皇制に対して批判的な「事件」として虎の門事件とパチンコ玉事件が挙げられているが、それらはテロとして、天皇と民衆の距離を引き離す、閉ざす力を強めたと論じられる。そもそも皇居を開こうとすることを「民主化」と呼ぶこと自体が本当は極めてイデオロギッシュな言説のはずだが、著者が自身のそうした政治性に自覚的なのかは意見が分かれた。イデオロギー装置の分析としては全く物足りず、資料を提供しているに留まっている。

 年長の学習会参加者は「最近の若い人の本は読む気がしない」とよく言うが、なるほどこういうことかと納得してしまった一冊。著者は歴史学の中堅どころだそうで、大丈夫か歴史学。

*次回は思索者21の『天皇と神道の政治利用』を来年一月二一日に読む。

(加藤匡通)

【集会報告】女天研大放言大会

 一一月三〇日、「天皇が女だったらいいのか」をテーマに、「言いたいこと、言わなくてはならないことを、いまこそ吐き出そう!」という放言しまくりの集会を開催。もしかすると女天研としては初めてのスタイルかもしれない。あらかじめ女天研から首藤九尾子さん、松井きみ子さん、堀江有里さんが放言者として立った。そして女天研外から死さんと空さん。それぞれの視点や経験から語られる天皇観、女性と天皇制の問題は多岐にわたった。

 そして休憩をはさみ、会場全体で大放言開始。出るわ出るわ、の大放言大会となった。

 多くは身近な天皇体験、直接的・間接的天皇体験が語られるのだが、思いのほか天皇・皇族と遭遇する羽目になったという人は多くて驚く。しかし、遭遇した人の「天皇体験」も、「天皇との関係はこうでなくてはならない」という暗黙のほぼ強制的な規範おしつけの体験であることがわかる。間接的経験と同じなのだ。

 全体が起立・拍手といった空気の中で、それに従わない人がまわりから被るなんらかの戒め。あるいは間接的経験といえる、学校での日の丸君が代強制に従わない人、天皇一族がつくり出す「道徳的規範」や価値観を良しとしない人、天皇一族・天皇制を批判する人が受ける社会的制裁。

 前半で発言した死さんの言葉「外れたら制裁」は、すべての発言者の体験に当てはまる。それが威圧的な空気か排他的な言葉か社会的な戒めか、あるいは右翼による暴力か国家レベルの弾圧かだ。しかし、このようにまとめてしまうと会場の空気は伝わらない。世代を超えた放言に笑いと驚きと共鳴があった。

(大子)

【集会報告】ナイトイベント★「大嘗祭反対」 @トーキョー・ステーション

 一一月一四日、「代替わり」儀式のクライマックスともいうべき宗教儀式が行われた当日夕方、おわてんねっと呼びかけのナイトイベント★「大嘗祭反対@トーキョー・ステーション」に二〇〇人の人々が集まった。「大嘗祭」のメインの儀式は一八時半前後から始まるというので、私たちもその時間に集まった。場所は「大嘗祭」が行われる「大嘗宮」から九〇〇メートルという、東京駅丸の内側から皇居に続く、「御幸通り」の東京駅直近の広い歩道上。歩道とはいえ、二〇〇人くらいはゆうに集まれる広さだ。五〇〇人集まっても大丈夫。さすが「御幸通り」。

 時と場所を考えると、本当に行動は開始できるのか、人は集まってくれるのか、場所を確保できるのか、弾圧は大丈夫か、右翼の動向は?……等々、おわてんねっとメンバーは緊張しながら会場となる場所に向かった。しかし、極力トラブルを避けるという警察側の判断なのか、実にたくさんの警察に囲まれてはいたがスムーズに準備は進んだ。そして、開始時間に近づくと参加者は三々五々集まってきた。

 一時間ちょっとの行動は、大成功だった。一三人の参加者がマイクを持ち、語り、シュプレヒコールをあげ、歌をうたい、あっという間に時間は過ぎた。夜の行動に会わせてライトを準備し、横断幕や人々を照らし出した。とても美しかった。

 私たちも集まった人々も、大きな声は皇居まで届くにちがいないと、「大嘗祭やめろ!」「天皇制はいらない!」の声を上げ続けた。緊張して迎えた当日。でもやってよかった。やれた。勝ち取ったものは大きい。

(大子)

【集会報告】天皇の〈代替わり儀式〉と象徴天皇制を考える・練馬集会

 「アキヒト退位・ナルヒト即位問題を考える練馬の会」は、一七年の一二月に開催した第一回の集会から、この日の集会まで、一一回の集会・公開学習会を重ねてきた。一〇月二九日の今回は、締めくくりとして中島三千男さん(神奈川大学名誉教授、日本近現代思想史)に「天皇の〈代替わり儀式〉と象徴天皇制を考える」としてお話を聞いた。

 中島さんは、今回の儀式の決定の過程を詳しく整理し、天皇の代替わりの儀式が「確立」されたものではない、明らかに「創られた伝統」であることを、葬送儀礼や中国的な即位儀礼、大嘗祭の不執行・廃絶や即位灌頂などの具体的指摘とともに説明した。近代日本に至って、明治中期に整備され成立した国家神道の「教義」をイデオロギー的な核心に押し上げると同時に、儀式法制である「登極令」が明治末期に成立、今回の大がかりな代替わり儀式は、捏造された「伝統」を国家の強制により再現させ、新たな「伝統」として塗り固めていく政治過程なのだ。中島さんは、明仁や徳仁の即位儀式についても詳しく分析、前回に比べて批判が封じ込められていることや、世論を「良い天皇」意識に誘導されることにより、これらがなしくずしとなり、今後は、改憲や軍隊との結びつきが進められると思われることを、厳しく指摘した。

 参加は五〇名。練馬の会としては、一二月一八日に総括集会を練馬産業プラザで開催して解散、来年の五輪や自衛隊の問題をあらためて活動として提起していく。ご参加を!        

(蝙蝠)

【学習会報告】尾高朝雄『国民主権と天皇制』 (講談社学術文庫 二〇一九年)

 宮澤俊義との論争の発端となったこの書において、尾高は「国民の総意」(一般意志)と「個々の国民」の意志の総計は異なったものである、とルソーを援用して言う。「国家そのものの存立の根拠となつている国民全体の意志」であるところの「国民の総意」とは、「すべての権力意志の上にあつて、すべての現実の政治を規正するところの、『常に正しい立法意志の理念』に他ならない」。

 したがって、日本国憲法における国民主権の原理とは、「法の客観的な理念」という近似値的にしか実現し得ないそれを不断に志向し続ける責任概念であると言う(むしろ個々の具体的な国民は「権力に服従する臣民」だ)。これが「ノモスの主権」である。

 では、「法の正しさを決定する法の理念」とも言い換えられる、その理念の基準とはなんなのか? 尾高は言う、平等の福祉である、と。かかる権力の上位に存するものこそ、ノモスである。

 いっぽう、ノモスとは時代によって形を変えつつも、しかし連続性が確認されなければならない。そこで導入されるのが「全体性」という鍵概念である(これは和辻の尊皇論からだ)。ここにおいて国家史、あるいは国民史を担保するための「あらゆる変化にかかわらざる国家の自己同一性」、つまり「全体性」を具現化して国民の一体性を象徴する君主制が要請されるのだ。象徴天皇制とは、責任概念としての国民主権主義を成り立たせる「上層建築」としての君主制なのである。特殊利害の産物としての法律等を「全体性」の象徴である君主が国事行為として公布することで国民という一体性へと収斂させ、一般利害として偽装させる。かくして、かかる「象徴的地位」に基づいて─解説によれば─尾高の畏友・清宮四郎は「象徴としての行為」を定位し、それが現在の象徴天皇制解釈へとつながってゆく。そう、社会に対する象徴天皇の主体性が発動され、それが期待される情勢は、尾高の勝利を示しているということだ(尾高によれば天皇に象徴される理念は国民自らのものだと自覚しなければならない)。

 学習会では尾高の思想は上杉慎吉とかなり連続性があるといった指摘や、宮澤の反駁は結局のところ法学における形式論理を徹底的に突いたものであって核心的な論争はお互いに回避してしまったのではないか、といった意見が出た。

 次回は河西秀哉の『皇居の近現代史』を一一月一九日に読む。   
(羽黒仁史)

【集会報告】東京戒厳令を打ち破れ!天皇即位式反対

 即位礼正殿の儀が行なわれた一〇月二二日は、朝から警察の厳戒と翼賛メディア総動員の態勢であり、これに憤りを感じた人たちが、続々と詰めかけ会場はいっぱいになった。今回の集会に向け、「おわてんねっと」は、天皇制に対するごく普通の疑問や怒りを参加者で共有していこうという方針で準備し、「肩書」など必要とせず自分の主張を貫いてきた人たちに集会への発言を依頼した。

 発言者は六人。ツイッターで私的なスタンスを維持しながら天皇制への怒りをつぶやき続けてきた女性は「日本こそ私から出ていけ」として「憤りと絶望と呪いをもってここに連なり、NOをしめしていきたい」と結んだ。基地と闘う運動を続けてきた女性は、かつての代替わりにおける自粛への憤りや学校教育の問題とともに、沖縄での慰安所の存在を知ったときの衝撃を語った。朝鮮半島の歴史、侵略の歴史と向き合う活動を続けてきた女性は、このような認識を避けさせようとする戦後社会の問題を自らのものとしてこの場に来たと語った。天皇制の女性差別システムの意味を問い続ける女性は、女性たちが社会でさまざまな強要を受け自分自身への違和感を強要されること、これに対抗するなかから自分たち自身の言葉で天皇に頼らない力を示そうと結んだ。また、死刑廃止の活動を続けてきた女性からは、天皇制と死刑の問題として、明治期からは大逆罪とともにあった死刑と弾圧の問題を話し、恩赦を破り捨てた金子文子や「天皇制がある限り民主主義国家はない」と語った免田栄さんについて話した。さらに、「表現の不自由展」への弾圧を批判して名古屋でスタンディングを続けた男性も、天皇制と表現の問題を提起していった。

 発言はいずれも重く、熱く、参加者の心を揺さぶった。短い時間しか確保できなかった集会だが、これらの発言を受け、私たちのこの日の行動への気持ちはより強く、決意も固められていった。この日のデモへの弾圧は酷かったが、逮捕者三名全員について不起訴釈放をかちとった。

(蝙蝠)