「報告」カテゴリーアーカイブ

【学習会報告】坂野潤治『明治憲法史』(ちくま新書・二〇二〇年)

 憲法を軸にして近現代日本の(政党)政治史を捉えるときに、明治憲法の時代─総力戦の時代─日本国憲法の時代として、つまり「戦前」・「戦中」・「戦後」として分けて捉えるべきだ、と言う著者は、「平和と民主主義の時代」は戦後だけでなく戦前にも存在していたのだ、「戦前」は「戦後」へと引き継がれたのだ、とも言う。ここで言われる民主主義とは、藩閥勢力が天皇大権を強くして議会権限を弱めるようにつくられた明治憲法体制の構造上の制約のなかで、選挙で当選した代議士が集まる議会の勢力配置を反映させた政党内閣の地位をいかにして確保するかをめぐる憲法解釈と諸政党の模索のことであり、平和とは軍部を縛る憲法解釈に基づいた立憲的な政治による軍部の抑制のことである。このような視点から整理された本書は、たとえばかつて天皇機関説と政党内閣の正当化、そして軍部に一定の立憲主義的な縛りを加えた美濃部達吉が、軍部・官僚・専門家を集めて政策立案をする内閣調査局と内閣審議会という「上からのファシズム」の機関の原型(円卓巨頭会議)を提唱し、議会に代わるべきだ、と主張したことを国家社会主義への転向だと指摘するなど面白い論点が散りばめられている。

 とはいえ、坂野の言う自由と民主主義の「戦前」なるものは治安警察法や治安維持法などを不問に付して議会外の自由と民主主義への実践を無視することで成り立っていると言わねばならないし、帝国主義本国が破局的な結末をむかえる日中戦争以前を「平和」だと捉えるのは、植民地主義の下で抑圧されていた人びとが常に非常事態=戦争状態であったことを忘却することでしかないだろう(まさしくこれは「戦後」に継承されるものだ)。それに立憲主義が軍部を抑制していたとしても、その立憲主義が徹底された先に果たして日本帝国主義の解体はあったといえるだろうか、と問うべきである。著者の視点はあまりに内向きすぎる。だから「戦後レジームからの脱却」を息巻く自民党に対して「誤って総力戦時代に戻らないかぎり、戦後デモクラシーから脱却すれば戦前デモクラシーに戻る」なんて言葉が出てくるのである。

 次回(一月一九日)は遠藤興一『天皇制慈恵主義の成立』(学文社)を読む。

(羽黒仁史)

【学習会報告】山田朗『日本の戦争Ⅲ 天皇と戦争責任』(新日本出版社・二〇一九年)

 本書は、天皇の戦争責任回避の根拠として定説となっていた、天皇「無答責」論と実態としての天皇の戦争不関与という間違いを正していくことを大きな目的に編集されている。一九九五年の「現代における〈戦争責任〉問題──天皇の〈戦争責任〉論を中心に」から、二〇一六年「『昭和天皇実録』の軍事史的分析」と、およそ二〇年間に書き積み上げられてきた研究論文の集大成である。

 著者は、様々な言論によって作り出された昭和天皇裕仁=「無力で戦争に消極的な立憲君主」といったイメージを覆すために、一次資料を丹念に読み、裕仁はただ座ってハンコを押すだけの無能・無害な君主では決してなかったことを証明するため、長期にわたる研究を続けてきた数少ない実証主義歴史研究者だ。一方で、裕仁の戦争関与に関する実態を暴露していくことで、これだけ作戦等への関与があったのだから戦争責任なしとは言わせないといった主張の新しさと説得力の強さに私たちは気を取られすぎ、明治憲法下で大元帥・戦争の最高責任者という地位にあるというだけで逃れようもないはずの責任から、逃れきったことの問題は伝わりづらくもなっていたかもしれない。著者にとっては当たり前のことであっただろうその側面が、それが目的であったかどうかはさておき、そのあたりもフォローされるような編集となっており、完璧さは増し、裕仁断罪への執念を感じさせる一冊だ。

 学習会では、天皇の曖昧で漠然とした「下問」によって作戦が変更されたりするあたりの詳細な記述に、天皇制の「忖度政治」の「伝統」を読み、天皇のわがままぶりに呆れ、久しぶりに裕仁への悪口三昧で盛り上がった。

 次回は、一二月一五日(火)、坂野潤治『明治憲法史』(ちくま新書)を読む。

(大子)

【集会報告】天皇も跡継ぎもいらない! 「立皇嗣の礼」反対緊急行動

 「立皇嗣の礼」が強行された一一月八日、「天皇も跡継ぎもいらない 11・8『立皇嗣の礼』反対緊急行動」が原宿・神宮橋で取り組まれ、渋谷・宮下公園までのデモを行った。主催は、「国家による『慰霊・追悼』を許すな! 8・15反『靖国』行動」。

 閣議では、この日各府省で「日の丸」を掲揚するほか、地方自治体や学校、会社などに掲揚への協力を求めることを決めた。衆参両院などは、「立皇嗣の礼」に祝賀の意思を表す「賀詞」を、決議していた。あらためて秋篠が「次」の天皇であると宣言するこの儀式は、まさに一連の「天皇代替わり」儀式の最後に位置づけられるものである。

 デモ出発前のアピールでは、主催者あいさつに続いて、反戦・反天皇制労働者ネットワーク、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)、オリンピック災害おことわり連絡会から連帯アピールを受け、最後に実行委メンバーが「緊急行動アピール」を読み上げた。

 集会後、表参道から渋谷に向けたデモに出発。「立皇嗣の礼に反対!」「天皇も皇嗣もいらない!」「皇位継承の儀礼を認めないぞ!」などのシュプレヒコールを響かせた。

 このデモに対しては、随所で右翼の攻撃が目立った。明治通りでは、デモ隊に突っ込んできた右翼によって転倒した参加者が負傷させられた。右翼の暴力を許さず、原則的に反天皇制運動を持続していこう。参加者は九〇名。

(北野誉/実行委)

【学習会報告】福間良明『戦後日本、記憶の力学 ──「継承という断絶」と無難さの政治学』(作品社・二〇二〇年)

 著者がここで扱っている論点として、はじめに選んでいるのは「靖国神社、千鳥ヶ淵」「広島、長崎」「沖縄・摩文仁」だ。戦後史の経過で、これらをめぐる政治的にもきわめて重要な論点を、目配りよく整理している。続けて映画などの表現をも引きつつ、受け入れがたい「記憶」がソフィスティケートされていく経過を追い、さらに、これらが「現代化」「脱歴史化」されて「継承」されていることの問題を取り上げる。

 叙述には、資料を渉猟していることもうかがえて、いまなお現代史においても思想史においても重要な、「戦争の記憶」を考えるための論点が数多く提出されている本だ。参加者のいずれも読後の評価はおおむね高いものであり、本書がまとめられた後に起きた現在的な「コロナと政治・社会」の問題について、別途に「付記」を入れたジャーナリスティックな問題意識も好感の持てるものだった。

 議論の中で話題となったのは、これだけの整理をしてみせた一九六九年生まれの著者がまさに学生時代に出会ったはずの、裕仁の死と代替わりという戦後史上の大きな変化を、どのように認識したかについて叙述でまったく避けていることの「奇妙さ」だ。

 橋川文三、安田武や鶴見俊輔の天皇体験と天皇への(好意的)評価については触れられず、この問題について厳しく問い続けた平井啓之の論もないのはなぜか。靖国をめぐるテーマなら、加藤典洋や高橋哲哉の論について、同時代的には触れるところではないのか。エピローグでは、九〇年代以降の議論を「実証史学」の観点から「図式」「予断」が先行していると、やや裁断してみせている。それがまったく当たらないわけではないだろうが、逆にいうと、これらの議論に踏み込まないのは、分析への方法論に欠けるところがあるからではないかとも思わせるのだ。著者が、他の仕事では戦後史の中の大衆的な「教養」「文化」を扱いながら、自分史的にもなりうる議論を避けるのは、自身の「断絶」「無難」さへの志向があるのではないか。

 次回は、一一月一七日、山田朗『日本の戦争3 天皇と戦争責任』(新日本出版社)を読む。         

(蝙蝠)

【学習会報告】中里成章『パル判事──インド・ナショナリズムと東京裁判』 (岩波新書・二〇一一年)

 日本の右翼は外国のインテリに「大東亜戦争」を肯定させるのが好きらしい。かつてのヘンリー・ストークス、今のケント・ギルバートが好例だ。その先駆けがパル判事であり、田中正明『パール判事の日本無罪論』は一九六三年の出版以来、新版となり現在まで売れ続けている。そんな従来の「日本無罪論」(無論パルが主張したのは被告人個人の無罪であり、日本国家の無罪ではない)を批判したのが中島岳志『パール判事─東京裁判批判と絶対平和主義』(白水社、二〇〇七)と本書だ。

 中里はイギリスの植民地から独立してゆくインドのナショナリズムを分析する。パルも、ヒンドゥー大協会や、チャンドラ・ボースにシンパシーを抱くインドの右翼であり、戦後「逆コース」の日本の右翼に利用された一面が大きい。東京裁判の一一人の判事の中でもパルは思想も経歴も異色であり、「平和に対する罪」の事後法の無効を訴えたのは評価出来ても、主流派判決に従う署名への拒否、被告人席への一礼、公判の四分の一を欠席してホテルの一室で黙々と意見書を執筆する姿は多くの疑念を招いた。そんなパルが一九六六年、戦後三度目の来日を果たし、岸信介と清瀬一郎の申請で昭和天皇から勲章をもらうことにより、天皇を実質的に免責したのは最悪の結末だった。

 東京裁判の根本問題は、日本軍の最高責任者である天皇が訴追されず、証人としてさえ法廷に立たなかった点であり、これでは共同謀議が正しく裁けるはずがない(共同謀議が民間に適用されれば危険だが、戦争防止の観点から対国家には適用されてしかるべきだ)。そこが白日の下にナチスを裁いたニュルンベルク裁判と大きく異なり、GHQの徹底的な情報統制をもたらした。津川雅彦演じる東條英機が、天皇に忠実であったにもかかわらず、裁判では「陛下」に背いて戦争を遂行した「不忠の臣」として身代わりとなる姿は伊藤俊也監督『プライド・運命の瞬間』(東映、一九九八)でも印象的だった。

*次回は一〇月二〇日、福間良明『戦後日本、記憶の力学─「継承という断絶」と無難さの政治学』(作品社)を読む。

(黒薔薇アリザ)

【集会報告】コロナ禍で千人を超える反原発行動実現!東京・大阪

 新型コロナ禍と台風一〇号が直撃という最悪の条件の下、それでも「老朽原発うごかすな!」大集会は、ついに大阪うつぼ公園で実現した。この集会は、「5・17一万人集会」として、着々と参加・賛同人(団体)を拡大し準備されていたが、コロナにより延期されていたものである。組合の「動員」はほとんどなく、基本的に「個人」の意思での参加である。それでも参加者は一六〇〇人(主催者発表)、元気に雨の中をデモ。私たち東京組は、デモと解散地でのカンパ集め。思いのほか多額のカンパが集まったこの日の活動に、ささやかに協力。

 〈集会実行委員会での「お願いだから、大勢で集まることはやめませんか?」という熱心に反原発運動に参加してきた、集団感染ギリギリを病院で体験している医療労働者の声。こうした声(職業人として、ある意味で当然の主張)にも、耳を傾けながらそれでも、感染対策をしながら、再稼働が進んでも抗議の声を発せない世の中にしてはいけないという思いで、なんとか主催者としてはガンバッテきた。〉

 翌日(九月七日)での「再稼働阻止全国ネットワーク」での、この集会を中心で準備してきた参加メンバーの発言が心に残った。

 九月一八日には日比谷野音で「さよなら原発首都圏集会」が、参加者は一人一人体温を計って会場に入る、デモは基本的にサイレント(声を出さず)のスタイルでもたれた。私たちはマイクでアピールが認められた最後のグループで、「東海第二原発、オンボロ老朽原発再稼働反対!」の大声を発し、大阪で借りてきた「老朽原発再稼働反対」の幟旗を押し立てて参加。

 この集会も一三〇〇人結集と発表された。大阪と東京でやっと千人をこえる行動が、感染対策に十分に気を配りながら実現。

(天野恵一)

【学習会報告】宇田川幸大『考証東京裁判──戦争と戦後を読み解く』 (吉川弘文館・二〇一八年)

 本書の評価は、評者と他の参加者で全く異なるものだった。他の参加者は、東京裁判の過程を丹念に追った興味深い著書であると評価、評者の評価は極端に言えば、事実経過をまとめたレポートだというものであった。

 著者は「あとがき」で「戦争責任問題の追及は、単なる「犯人捜し」ではない(略)人間の心を、暗黙の裡に支配している差別意識や偏見など、暴力や抑圧を支えてしまう危険因子を、戦争犯罪や戦争裁判といった様々な事例から一つ一つ確認してゆく作業、そして、今を生きる私たちが、こうした危険因子をどこまで克服することができているのかを測定する作業。(略)これらが「戦争責任・戦後責任を考える」ということなのだと思う」と記している。他の参加者の高評価はこの方法によっている。

 では、評者の不満はどこにあるか。それは著者が天皇の戦争責任を追及していないからである。もちろん、著者も「問われざる問題群と責任者」という章を置いて、その筆頭に「昭和天皇」をあげている。だが、検察側が被告人たちの「共同謀議」を立証しようとしたことに対して「国務[最高補弼者──内閣総理大臣]と統帥[最高輔翼者──軍令部総長、参謀総長]の分立、そして陸海軍の対立抗争などがあり、「共同謀議」などやりたくてもやれなかった」(一一一ページ)などと記してしまっている。両者の上にいた天皇を被告人から除外しているのであるから当然である。あたかも天皇も首相も平和を望んだのに、軍部(陸軍)が勝手に戦争をしたという城山三郎『落日燃ゆ』史観のような地平に陥っている。被告人への絞首刑執行も一二月二三日とさらりと日付のみ記されている。

 次回は、中里成章『パル判事』(岩波新書)を九月一五日に読む。

(ぐずら)

【集会報告】靖国に抗議した香港人弾圧事件 東京高裁が控訴を棄却

 八月六日、東京高裁第五刑事部(裁判長・藤井敏明)は、二〇一八年一二月一二日、靖国神社の外苑で「南京大虐殺」に抗議した香港人の郭紹傑(グオ・シウギ)さんと、その行動をビデオで記録していた嚴敏華(イン・マンワ)さんに対する不当弾圧事件に対して、「本件各控訴を棄却する」との不当判決を言い渡した。

 昨年一〇月一〇日に言い渡された二人に対する一審判決は、郭さんを懲役八か月に、嚴さんを懲役六か月に処する(未決勾留数中各一五〇日)という不当判決であった。判決後、二人は香港に強制送還されたが、無罪を訴える二人は即日控訴した。

 その控訴審第一回は六月二四日に開かれた(本紙七月号参照)。しかしながら、弁護側で準備した書証・人証は全て不採用となり一発結審、そして八月の判決言い渡しに至ったわけである。

 この日、ただでさえ狭い警備法廷は、いわゆる「物理的距離」を取るためとして傍聴者は一一人しか入れず。そこで裁判所は控訴を棄却し「本件においては、本件抗議活動自体が罪に問われているのではなく、本件抗議活動を行うために本件外苑に立ち入った行為が問題とされている」のだ、という論理で、靖国神社に対する抗議という現実を外形的に無視しつつ、実際には靖国神社に対する抗議という現実を政治的に裁いたのである。最悪の判決と言わざるを得ない。

 この不当判決を受け、二人は最高裁に上告手続きをとった。裁判はまだ終わっていない。引き続き注目を。

(北野誉)

【集会報告】国家による「慰霊・追悼」を許すな 8・15前段集会とデモ

 今年の8・15は、「国家による『慰霊・追悼』を許すな!8・15反『靖国』行動」という名称で取り組まれた。

 八月一日に「コロナ危機と天皇制」と題する集会、八月一五日には例年通りの反「靖国」デモを行うとともに、今年は、「国家による慰霊はなぜ問題か」と題するA4判三つ折りのリーフレットも作成し、国家による慰霊・追悼の問題を広く訴える試みにも取り組んだ。

 八月一日の集会では、北村小夜さんからお話しをうかがった。小夜さんには、戦中の体験を世代を超えて伝えることの難しさについて、藤田嗣治の戦争画を例にして、わかりやすくお話ししていただいた。

 藤田の戦争画は、戦争のリアルな様相を描いていることによって、戦争の残酷さを描写していてそこに反戦の意をくみ取ろうという見方が現代では散見されるが、例えば、著名な作品「アッツ島玉砕」は、陸軍の依頼によって、陸軍の意図に添った構図で描かれたもので、それは、国威発揚の目的で宣伝・展覧会公開された。展覧会に集まった人のなかには、その画に賽銭を投げる人もいた。実際に観に行った北村さんはこの絵を見て、米軍に対する復讐心を掻き立てられたという。その時代にあっては、まさしく戦争遂行に国民を動員するための戦争画にほかならなかったのだと。

 集会は、続いて医療労働研究会の片岡真理子さんから、現在進行中の「新型コロナ感染対策」から現代医療現場をどう見るかという報告を受けた。「日本政府は極端に検査を抑制し、医療も『今あるもの』で間に合わせようとしてきた」とし、その理由を「戦前からの人民管理のための行政機関である厚生省・保健所あるいは予防研究所などを駆使して、社会防衛のために感染者を『ウィルスの塊』とみなして人格を否定し、人権と治療を無視して隔離する差別対策をとり続けたからである」と指摘した。集会はコロナ禍での人数制限もあって七五名の参加。

 一五日は、韓国YMCAに集合し、日韓民衆連帯全国ネットワーク、アクティブ・ミュージアム(wam)、即位大嘗祭違憲訴訟、オリンピック災害おことわり連絡会、大軍拡と基地強化にNO!アクション2020の各団体からの連帯アピールを受けて、靖国神社に向けてのデモに出発した。デモは一五〇名の参加を得た。  

(梶野)

【学習会報告】御厨貴編著『天皇退位 何が論じられたか──おことばから大嘗祭まで』(中公選書・二〇二〇年)

 アキヒト天皇の「生前退位」を実現するのに大いに力となった安倍首相がつくりだした「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の座長代理であった著者(実質的に、その会議をしきった)の、大量の各論文に対するコメント付き編著である。

 戦後憲法の天皇規定〈非政治・非宗教の象徴天皇〉を全面的に踏みにじる「生前退位」に向けた「典範」改正要求の実現という、天皇自身の「賭け」、これへの自覚的加担者だった著者は、首相の意をも組みこんで、こんなふうに、それをうまく実現したという自慢話のトーンが著者の「はじめに」や細かく添えられたコメントを通して、全体から伝わってくるすこぶる不愉快な書物であった。

 しかし、広くマスコミにおどったいろんなジャンルのインテリの天皇制ヨイショ論文が広く集められている、この論文集(批判的な主張はゼロではないが)、この「代替わり」プロセスで何が実現させられてしまったかを、私たちがリアルに認識するには、便利な本である。

 著者は「はじめに」をこういう言葉で結んでいる。

 「平成の幕引きとともに、戦後という時代がようやく『本当』に終わったと実感している」。

 この著者のいう「終わった戦後」とは、いいかえれば戦後憲法下の象徴天皇制理解、天皇制と民主主義・人権・平和主義は、対立的である、あるいはかなり矛盾しているという戦後支配的だった思想、こう言い変えてもよかろう。それは、ほぼ消滅した思想であると強調しているのだ。この「代替わり」のプロセスに生みだされた言論をトータルに集約してみれば、象徴天皇制と平和主義はもちろん民主主義や人権とは、すこぶる調和的なものであることがハッキリ読み取れるという主張だ。この世に反天皇制運動など存在しなくなったという認識とそれは対応している。さて、私たちはどう対決する。

 次回は、宇多川幸夫『考証 東京裁判:戦争と戦後を読み解く』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー)を、8月18日に読む。ご参加を。

(天野恵一)