「ニュース」カテゴリーアーカイブ

【学習会報告】思索者21『天皇と神道の政治利用:明治以降の天皇制の根源的問題』 (花伝社、二〇一九年)

 本書は「思索者21」というグループによる共同研究の成果ということだが、これは法学者である土屋英雄筑波大学名誉教授を中心とする研究会のようだ。

 安倍政権などによる天皇利用による復古、それに対して護憲の立場から危惧する天皇という図式は、もはやありふれた道具立てである。本書の立場も明らかにそうで、いちいち引っかかる点が多く、楽しい読書ではなかった。ただ、それ以外の部分については、国家神道の歴史についても政教分離や主権在民原則についても、オーソドックスともいえる整理が続く。そのほとんどは整理にとどまり、著者たちの主張が前面に出ているとはいえない(学生のレポートを読んでいるようだという感想もあった)が、その点だけは「使える」部分はある。

 政治権力と天皇との関係の説明は、明治維新以来の「天皇を利用の道具と見るのは長州系の伝統」という、かなり雑な根拠によっている(安倍も長州系であるとか)。明治維新で、討幕派が天皇を玉として使ったというのはその通りだろう。「制度としての政治利用」が構造化されたのが近代天皇制であるといいたいのかもしれない。だが、そうであればなお、近代天皇制国家における天皇という存在は、国家の外にある操作可能な道具とはもはや別物であることが意識されてもいいのではないか。

 本書の主張でいけば、象徴天皇制とは、天皇の政治利用の余地を断つものとなるべきということになろう。しかし、天皇の行為を「内閣の助言と承認」で縛ったことが、逆に天皇の政治利用の回路を保持することになったと整理され、天皇の「代替わり儀式」が登極令に基づいて行われたのも、神権政治への復古を図る政治による天皇の利用だという。それだけでなく、生前退位をめぐる天皇の発言は、憲法を擁護し尊重するものであって憲法九九条に則った行為である、自民党の憲法草案で天皇の憲法尊重義務を外したのは、そういう形で天皇が憲法に加担することを阻止するためではないかと推測するに至っては、もうねじれ切っているという感想しかもてない。

 書名にある「天皇」と「神道」という近代国家の統合装置のありようは、それぞれ位相も異っていよう。そのそれぞれが近代国民国家においてどのように機能してきた(きている)のかということは、具体的に問われるべきである。「政治利用」を出発において、結論的にそのことを確認しているだけではすまないのではないか。

*次回は遠藤正敬の『天皇と戸籍』を二月一八日に読む。    

 (北野誉)

【今月のAlert 】ヘイトと権威主義のパンデミックこそ警戒し対抗しよう

 これまで感染症が世界的に蔓延していった経過には、単純な交易にとどまらない植民地などの経済政策が大きな役割を果たしたことが知られている。その罪はいまだ償われておらず重大である。しかし、病気を媒介するのが細菌やウイルスなどであれば、少しばかりの公衆衛生や治療環境の整備と、個々人の日常的な対応によって、その危険性のほとんどは抑え込むことができるというのが現在の知見だろう。もちろん、それすらも叶わないことがしばしばあるというのは、疾病における歴史的社会的不正なのだが。

 これらなかなか達成が及ばない現実を前提としながらも、それをさらに「悪性」のものとしていくことは許されない。短期間の国際的な「緊張緩和」が過ぎ去ると同時に、反動として憎悪と恐怖の政治がやはり国際的に巻きおこされ、その繰り返しとともに自由や平等といった価値が毀損させられていくというのは、これまでにも何度もあったことだが、その頻度が増しているのは、やはり「情報化」と人の移動が独占資本と独裁国家の下で大々的に展開されている、今世紀の二〇年のことだろう。いま、中国湖北省武漢市での「新型肺炎」のウイルス感染の発生を前に、きわめて醜悪な社会的状況がつくられている。

 それは例えば、感染者にとどまらない中国人全般に対する世界的な「嫌悪」としてすでに現れている。中国などの経済的政治的影響力の増大に対する「警戒」の言説は、これまでもあったが、アメリカのトランプ政権のめちゃくちゃというしかない「自国優先」と他国を敵視する政策によりさらに拡大した。「敵国」をつくり出すことにより権力者への求心力をもたらそうとする政策は、独裁体制において顕著だが、これが世界的に拡がっている。国内的には、それは他者に対するヘイトとなり、とりわけ日本国家の中では、在日コリアンや中国・韓国・朝鮮人たちに対して限りなく拡大するヘイトクライムとなっている。現在それは、人の移動ばかりでなく中国に関連する多数のものの「入国禁止」を求めるゼノフォビアの言説として繰り広げられつつある。ウイルスによってもたらされる疾病や症状よりも、インターネットことにSNSによって広げられ流通する「嫌悪」や「恐怖」のほうが、ウイルスよりも「変異」が早く、そのもたらすものは、すぐに発現しないとしても個人や社会の中に深く沈潜して、おぞましい結果を生みだしていくのではないか。

 インナーサークルに利権をもたらし、少しでもその利害に背くものには、脅迫や懲罰的権力の発動を平然とする安倍の支配体制が、揺らぎながらも、その飛沫によりむしろ腐敗をまき散らすかっこうで続くなか、こうした社会情勢を利用しようとする策動もまたなされている。典型的には、徳仁の即位のさいの「国民祭典」において延々と「万歳三唱」を繰りひろげた伊吹文明による、憲法に「緊急事態」の条項を加える形での改憲策動である。今回の一月三〇日の発言におけるそれは、もちろんすぐさま批判を浴びているが、感染症のひろがりや、自然のもたらす大災害の発生など、あらゆる機をとらえ社会不安をかき立てながら、いつなんどきリアルなものとして立ち現れるかは予断を許さない。

  ●

 私たちは現在、二月一一日の「紀元節」には「代替わりに露出した天皇神話を撃つ!2・11反『紀元節』行動」を、さらに、徳仁の誕生日である二月二三日には、これまでの代替わり過程に力を尽くしてきた「おわてんねっと」を締めくくる「天皇のいない民主主義を語ろう」討論集会を開催しようとして準備中だ。

 それぞれの集会の開催の主体こそ違え、めざすところは同じものをさしている。恥知らずで野放図な政治や資本の暴力と、それにぴったりと寄り添う天皇制の権威主義的国家は、「他者」を閉じ込め、批判者から自由を収奪しながら形成されていく。これらを許さない取り組みを、ほんの少しずつでも拡大し影響をもたらしていこう。あらためて集会への参加と開かれた議論を呼びかけたい。

(蝙蝠)

【追悼】湯浅欽史さんの思い出

 湯浅欽史さんが去年11月23日に84年の生涯を終えたという連絡は、かつての小さな読書会「技術論研」のメンバーから来た。その集まりが、私と湯浅さんの酒をまじえた出会いの場であった。その会場は、反天連のスタートの空間でもあった「高円寺ボックス」。会のネーミングはいつだったか忘れてしまったが、戸坂潤をとりまとめて読み続けていた70年代後半、早大の理工系の大学院生らとのほんの数人の読書会からそれは始まった。戸坂ら「唯物論研究会」の「科学技術論」と新左翼にも強い影響を与えた武谷三男らの技術論とを比較検討し、熱心に論議していた。都立大の造反教官だった、「たまごの会」で活動していた湯浅さんらのそこへの参加は、「理論」研究の場からリアルな科学・技術論の検証の場にそこを転換させる契機となった。反原発・反コンピュータのテキストをあれこれ読み漁り、討論する時間が何年も続いた。

 長く没交渉になっていた湯浅さんと再会させたのは〈3・11〉原発震災であった。私は病身を引きずって反原発運動にも突入し、その渦の中で原子力資料情報室を手伝っていた、すでに心臓手術後の彼と、また交流しだした。今度は酒ナシでゆっくりと。私がかんでいる「再稼働阻止ネットワーク」のニュースの制作を彼は死の直前まで積極的に手伝ってくれていた。雑務をとてつもなく律儀に、楽しげにこなす人であった。原理的エコロジストなのに、タバコと車(それもスピード運転)が大好きといった、奇妙に分裂的人生をニコニコ生きた不思議な人でもあった。

 ただ〈あの時代〉から「全共闘」の問いに答えるべく〈思想と行動〉の人生を生き、土木工学の専門研究はやめ、専門論文はまったく書かなかった人であったこと。私はこの点を忘れるわけにはいかない。

 僕は、もう少しガンバレそうです。湯浅さん。

(天野恵一)

【月刊ニュース】反天皇制運動ALERT 44号(2020年2月 通巻426号)

今月のAlert ◉ヘイトと権威主義のパンデミックこそ警戒し対抗しよう(蝙蝠)

反天ジャーナル ◉ (よこやま みちふみ、ななこ、橙)

状況批評 ◉ 文化・伝統のレイシズム(小倉利丸)

書評 ◉ 福富節男『僕がデモ屋になったわけ』について(有馬保彦)

太田昌国のみたび夢は夜ひらく〈116〉◉ ひたひたと社会に浸透する〈いかがわしさ〉(太田昌国)

マスコミじかけの天皇制〈43〉〈壊憲天皇制・象徴天皇教国家〉批判 その8◉ 〈重臣リベラリスト〉南原繁の一九五六年 「紀元節」演述を読む(天野恵一)

野次馬日誌

集会の真相◉年末年始香港に行ってきました/五輪返上!おことわリンク走る!/護衛艦「たかなみ」の中東派遣反対現地集会・デモ

学習会報告◉ 思索者21『天皇と神道の政治利用:明治以降の天皇制の根源的問題』

反天日誌

集会情報

 

→前号の目次はこちら

*2020年2月4日発行/B5判12ページ/一部250円
模索舎(東京・新宿)でも購入できます。
http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/

【集会報告】「即位・大嘗祭」違憲訴訟、国側に一矢を報いる!

 二〇一八年一二月に提訴した「即位・大嘗祭」違憲訴訟。「代替わり」儀式が進行してしまうなかで裁判も進んできたが、昨年一二月二四日、東京高等裁判所において、予想外のことに「原判決破棄」の判決が出た。被告(被控訴人)の国に対して一矢報いたのである。

 その前に、この裁判の構造を整理しておく必要があるだろう。

 この訴訟は、現在二つの裁判で成り立っている。一つは「国賠請求裁判」で、これは二〇一八年末提訴の第一次訴訟と、二〇一九年三月の第二次提訴分が併合されて、合計三一八人の原告によって、現在までに四回の口頭弁論が東京地裁でおこなわれている。

 もう一つの裁判が、「代替わり」諸儀式の差し止めを求める裁判である。言うまでもないことだが、原告団で提訴した内容は国賠と差し止め一体であり、本来同一の法廷で審理されなければならないものだった。しかし地裁は、不当にもこの訴訟を、恣意的に「差し止め請求分」と「損害賠償請求分」とに分離し、異なる部に係属させて、別々に審理することにしてしまった。こうして裁判は二つ(第一次訴訟と第二次訴訟の別を入れれば四つ)に分れることになった。

 差し止め請求のうちの第一次訴訟分は、一回も口頭弁論が開かれないまま、昨年二月五日に東京地裁で却下、四月一七日に東京高裁で棄却決定と続き、最高裁も一〇月一日に上告棄却の決定を下してしまった。

 同じく分離された差し止め請求の第二次訴訟分についてだが、東京地裁は第一次同様、六月二八日に却下の判決を下した。原告団・弁護団は当然これに対して、控訴を申し立てた。すると、意外なことに東京高裁は口頭弁論を開くと言ってきた。一一月二六日の法廷は、控訴人(天野恵一さん)が意見陳述をしたものの、裁判長はきちんと聞いているようでもない。弁護団は、審理をきちんと継続しろと強く要求したが「却下」と言い放ち、たった一〇分で法廷は終わってしまった。

 そして一方的に指定された一二月二四日判決当日。前回の裁判長の態度から、不当判決必至と構えていた私たちの耳に聞こえたのは「原判決破棄・一審差し戻し」。?! もしかしたらこちらの勝ち? 判決内容は、地裁判決は原告側が主張した納税者基本権にもとづく差し止めを却下したのだが、人格権にもとづく請求については判断していなかったため、手続き上法令違反にあたる、という判断。形式的な理由とはいえ、結果的に、原判決の破棄と一審差し戻しを要求していた原告側の訴えが認められることになったわけで、予想外の結果に狼狽していたに違いない国側代理人の顔を見て、思わず嬉しい気持ちがわいたのも正直なところ。

 今後、被控訴人(被告)である国は、高裁判決を不服として最高裁に上告することになるのか。上告しなければあらためて一審で裁判をやりなおすことになるし、上告したらしたで、もし被上告人(原告)の逆転敗訴を導こうとすれば、最高裁で弁論を開く必要が生じるという、これもまた希有な展開になっていくはずである。ぜひ、注目していただきたい。 

 なお、国賠請求分の五回目の口頭弁論は二月五日(水)一四時三〇分から東京地裁の103号法廷。ぜひ傍聴して下さい。

(訴訟の会事務局/新孝一)

【集会報告】おわてんねっと集会「終わりにしよう天皇制2019」

 二〇一九年の「代替わり」反対を闘い抜いた「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク」(おわてんねっと)は、一二月七日、千駄ヶ谷区民会館で「終わりにしよう天皇制2019 12・7大集会&デモ」をもった。おわてんねっととしては(たぶん)最後の街頭デモを伴う集会である。 

 集会のオープニングは、すでにおなじみ「おっちんズ」の歌・「元号やめよう」。続いて、これも毎回好評のコント。舞台は怪しげなスナック「大嘗亭」。闘争の連続で多忙な中でもよく練られたシナリオと、「玄人はだし」の演技と声優ぶりが、何度も爆笑を誘った。引き続き、「11・9国民祭典」のスライド上映が行われた。構成と解説は桜井大子。各省庁が横並びで後援している奉祝式典なのに、「民間」主催という形式で、グロテスクな神道主義(日本神話の絵解き)が前面化していること、他方「嵐」や芸能人が登場して祝祭ムードを盛り上げていることが分析された。

 休憩を挟んで、リュウセイオー龍の舞踏。肉体をエネルギッシュに躍動させてのパフォーマンスに魅せられた。続いて「スライド&トーク 代替わり反対行動をふり返る」。前史も含めたおわてんねっとの活動を、司会の京極紀子と、井上森ほかおわてんねっとのメンバーが解説。ずいぶんいろいろな行動を重ねてきたものだ。最後に再び「おっちんズ」の歌・「天皇に平和語る資格なし」「天皇制はいらないよ」で、集会は終了。

 この集会で示されていたような多様な表現と行動、これこそが一年間の反「代替わり」闘争を支えたエネルギーであったことは明らかだ。

 その後渋谷デモに移り、原宿駅前から渋谷に向けてのデモ。右翼の姿はごくわずか。注目度は高く、宣伝カーからの呼びかけも好評だった。集会とデモの参加者は約一〇〇名。 

(北野誉)

【今月のAlert 】「さあ、戦争だ」「皇位継承問題だ」か?—私たちの言論闘争も開始だ!

 あっという間の年越しだった。二〇一九年、反天連は、終わりにしよう天皇制!「代替わり」反対ネットワーク(おわてんねっと)の仲間たちと走り続けた。二〇一八年末にバタバタと提訴した即位・大嘗祭違憲訴訟にも、反天連事務局メンバーはそれぞれ原告や訴訟の会の事務局として裁判を共にしてきた。また、同様に反天連も参加するオリンピック災害おことわり連絡会(おことわリンク)の一年前企画をはさんだ企画も多く忙しかった。そのほか各メンバーがそれぞれに関わる活動も少なくなく、反天連全体が文字通り怒涛の日々であった。例年の12・23集会はなくなり、一二月は少しはゆったりするのかと思っていたがそういうわけにもいかず、12・7集会でおわてんねっとはひと段落したものの(「集会の真相」参照)、今年の2・11反「紀元節」行動実の準備や即大訴訟の口頭弁論(「集会の真相」参照)と、年末まで走り続けた。

 政府の動きはさらに慌ただしく、「代替わり」行事のすべてが終わったかと思うタイミングで出てきたのは、一二月二七日の「自衛隊の中東派遣閣議決定」の報だ。派兵根拠は防衛省設置法の「調査・研究」というが、米国と、米国が求めていた「有志連合」へのエクスキューズ的な派遣であることは、新聞等でも明確に示唆している。「調査・研究」は防衛相の命令だけで実施可能であり、お手軽に派兵できる根拠法である。なんともきな臭い年の瀬であった。

 そして年明け早々に聞こえてきたのは、一月三日の米軍によるイラン革命防衛隊ソレイマニ司令官殺害だ。ソレイマニ司令官は最高指導者ハメネイ師に近い要人といわれる。そして八日には、イランによる米軍への「報復攻撃」。米軍が駐留するイラクの基地にミサイル攻撃したと報じられた。昨日(一〇日)には「米・イラン全面衝突を回避」の大文字に胸を撫で下ろすが、大きな火種は燃え続けている。問題の解決などいまだないのだ。そのような状況にあっても、安倍は派兵中止を打ち出さない。実質戦地への派兵であり、徳仁天皇制は明仁同様に戦争とともに始まった。

 その新天皇の一般参賀は参加者七万弱。決して多い数とは思わないが、それでもそんなに行くのかと、正月早々呆れ果てる。早朝から並んだという家族連れなどインタビュー映像が流されていたが、「平和を祈ってほしい」だの「自然災害のない一年を祈ってほしい」だの、これは初詣のかわりだなと思いつつ、天皇は祈る相手ではなく祈る人として認識されているのだなあ、と妙に納得する。まさに祭祀王であり、参加者たちはみなその信者ということになる。

 この天皇の「代替わり」の最終的な儀式として考えられているのが、四月一九日に予定されている「立皇嗣の礼」だ。天皇の弟・秋篠宮が立皇嗣(皇位継承順位一位であること)を宣言するという儀式で、国の主催で行うが、儀式の概要については今月中には決めるという。そしてこれが終了したらいよいよ「皇位継承者」問題の検討を始めるというのが政府のこれまでの見解だ。「退位特例法」には付帯決議として、「本法施行後速やかに」皇位継承問題の検討に入ることが書かれているが、安倍はそれを後へ後へと延ばしてきた。しかし、そろそろ始めないわけにはいかない。

 今年の反天皇制運動の大きな柱の一つは、この「皇位継承」問題をめぐる言論による戦いとなることは間違いない。これまでも何度もなされてきた議論である。そして私たちの結論はもちろん「誰がなろうと天皇はいらない」だ。しかし、なぜその結論になるのかを多くの人たちと共有できなければ、結論は空論だ。女性天皇容認が八〇%以上という世論の中で、「女性天皇も女系天皇も女性宮家もいらない」の根拠を、どれくらいの人たちと共有できるのか。反天皇制運動の正念場であるとも思う。今年も頑張りたい。

 まずは2・11反「紀元節」行動と2・23おわてんねっと集会だ。たくさんの参加を待っています。今年もよろしく!    

(大子)

【月刊ニュース】反天皇制運動ALERT 43号(2020年1月 通巻425号)

 

反天ジャーナル ◉ (映女、京極紀子、井上森)

状況批評 ◉ ナショナリズム煽動の先兵役─皇室祭祀詳説の代替わり報道(中嶋啓明)

ネットワーク ◉ 香港デモ:21世紀の自由と民主主義(陳孤独)

太田昌国のみたび夢は夜ひらく〈115〉◉ ゴーン騒動から何を読み取るか(太田昌国)

マスコミじかけの天皇制〈42〉◉ 「即位・大嘗祭違憲訴訟」高裁(第二次提訴)なんと「差し戻し」判決を勝ち取る!─〈壊憲天皇制・象徴天皇教国家〉批判 その7(天野恵一)

野次馬日誌

集会の真相◉おわてんねっと集会「終わりにしよう天皇制2019」/現在の〈日韓関係〉を天皇制帝国の植民地支配責任をふまえて考える/「即位・大嘗祭」違憲訴訟、国側に一矢を報いる!

反天日誌

集会情報

→前号の目次はこちら

*2020年1月14日発行/B5判12ページ/一部250円
模索舎(東京・新宿)でも購入できます。
http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/

いま考えよう、万人平等と天皇制―天皇制廃止に向けての第一歩 田中利幸(歴史家)

 2019年8月10日に、札幌エルプラザにて開催された、“いま考えよう、万人平等と天皇制 田中利幸講演会” の報告を、田中利幸さん講演会実行委員会の松元保昭さんからいただきました。

 とても、ていねいな取り組みで、松元さんからは、集会の資料、講演会の詳細な内容などを寄贈いただきました。
 集会において話された、実行委員会の花崎皋平さんによるあいさつや、谷百合子さん、松元保昭さんらによる問題提起も文章になっており、これらについてもご紹介します。(後日掲載)
 このサイト右下の「SPECIAL」欄に掲載しています。

いま考えよう、万人平等と天皇制―天皇制廃止に向けての第一歩
  田中利幸(歴史家)

 

【学習会報告】河西秀哉『皇居の近現代史』 (吉川弘文館 二〇一五年)

 ムツヒトの東京移転により江戸城が「皇居」とされてから、空襲により焼失した宮殿を戦後再建するまでを、皇居を開こうとする力と閉ざそうとする力のせめぎあいとして記述している。二回の宮殿焼失は二回とも天皇による「国民への配慮」を理由に再建が大幅に遅れたこと、皇居の見学者枠は宮殿造営献金者と国家的任務担当者から始まり徐々に拡大していったものの、社会主義の浸透やコレラの流行により縮小、ヨシヒトの死によりほぼ停止したこと、アジア・太平洋戦争期には御府と言う皇居内遊就館のような、機能的には靖国神社と変わらない施設のみが見学を受け入れていたこと、皇居見学を選挙運動に利用した人々がいたこと、敗戦後焼失した宮殿を放置し、新聞に取材させることで天皇制廃止の議論への歯止めを期待したこと、戦後二度にわたって富士山や東京湾へ皇居を移転や開放の議論がなされていたことなどが語られている。

 皇居のイデオロギー装置としての分析は少ない。本書は様々な資料に当たり、議論を追いかけ、かつそれらをコンパクトにまとめている。しかしそこまでだ。皇居を舞台にした「事件」としては開こうとする力につながる例として二重橋事件が挙げられているものの、食糧メーデーも血のメーデーも出てこない。天皇制に対して批判的な「事件」として虎の門事件とパチンコ玉事件が挙げられているが、それらはテロとして、天皇と民衆の距離を引き離す、閉ざす力を強めたと論じられる。そもそも皇居を開こうとすることを「民主化」と呼ぶこと自体が本当は極めてイデオロギッシュな言説のはずだが、著者が自身のそうした政治性に自覚的なのかは意見が分かれた。イデオロギー装置の分析としては全く物足りず、資料を提供しているに留まっている。

 年長の学習会参加者は「最近の若い人の本は読む気がしない」とよく言うが、なるほどこういうことかと納得してしまった一冊。著者は歴史学の中堅どころだそうで、大丈夫か歴史学。

*次回は思索者21の『天皇と神道の政治利用』を来年一月二一日に読む。

(加藤匡通)