「案内」カテゴリーアーカイブ

【紹介】季刊「ピープルズ・プラン84号」《特集》 〈天皇教〉国家が露出してきた――象徴(人間)天皇が、なぜ〈神〉にならなければいけないのか?

ピープルズ・プラン研究所の機関誌。天皇制に関する特集号が出ました。

反天連界隈の人たちがたくさん登場しています。



2019年4月26日発行

   定価1300円+税
   A5版152ページ
   発行・ピープルズ・プラン研究所
   発売・現代企画室

  → 申し込み方法はこちら

【現場から】

◆ユニクロ下請け工場の労働者の実態―― インドネシアのジャバ・ガーミンド工場の労働者を訪ねて (大野旭美)

◆示された「辺野古基地建設反対」の民意――県民投票をどのように受けとめるのか(中村利也)

◆3.1独立運動100周年キャンペーン―植民地主義を生産し、挑戦半島の平和への動きを支持しよう(渡辺健樹)

【いまを読み解く】

◆徳仁に引き継がれる戦争責任の追及を――メディア主導の総翼賛化に抗して (中嶋啓明)

◆消費増税対策と軍拡で100兆円突破 ――19年度政府予算のオモテとウラ(白川真澄)

◆竹田会長の贈賄疑惑で自滅したJOC(谷口源太郎)

《特集》 〈天皇教〉国家が露出してきた――象徴(人間)天皇が、なぜ〈神〉にならなければいけないのか?

特集にあたって―象徴(人間)天皇が、なぜ〈神〉にならなければいけないのか?(天野恵一)

◆座談会:〈天皇教〉と違憲訴訟(辻子実・国富建治・天野恵一)

◆即位・大嘗祭の何がどのように問題なのか

・仏教者として――宗教としての天皇制を考える(菱木政晴)

・キリスト者として――天皇の「代替り」騒ぎの中で(千葉宣義)

・「象徴」と「神」めぐって――象徴と「神聖性」(米沢薫)

・大嘗祭違憲訴訟を踏まえて――即位・大嘗祭訴訟で何を問うのか(新孝一)

・眞子「婚約」騒ぎとの関係で――「万世一系」思想と基本的人権(桜井大子)

・「天皇代替り」との闘い・文献紹介――昭和Xデーについて(高橋寿臣)

◆合理と非合理の結託――続・21世紀「元号法」(井上森)

【特集外】

◆連続講座「『平成』代替りの政治を問う」(第1期)は何を論じたのか(松井隆志)

【連載シリーズ】

◆働く仲間、外国人労働者(2)(鳥井一平)

◆安倍改憲をつぶす、その先に何を展望し、実現するか ― 憲法前文と9条の原理の実現プロセスについて(IV)「米日同盟」の軍事的核との対決なしに安倍改憲とたたかえるか(武藤一羊)

◆ただ今闘病中―・読書ノート(35)平成代替わり(平成代替り状況下で (2) (天野恵一)

【書評】

◎田中ひかる編著『社会運動のグローバル・ヒストリー』(平井玄)

◎小薗崇明・渡辺哲郎・和田悠編著『子どもとつくる平和の教室』はるか書房、2019年(長澤淑夫)

◎大野光明・小杉亮子・松井隆志他編著『運動史とは何か(社会運動史研究1)』新曜社、2019年(清原悠)

◎井手英策著『幸福の増税論』岩波新書(2018年)(宮部彰)

【Culture & Review】

◆ながさわセンセイ高校白書(長澤淑夫)

◆戦後研究会報告(松井隆志)

【案内】4.27-5.1終わりにしよう天皇制!反天WEEKへ!!

4.27-5.1終わりにしよう天皇制!反天WEEK

 

★ヒロヒトの侵略責任を忘れない!
★アキヒトの天皇制強化のための退位反対!
★ナルヒトは「即位即退位」しろ!

 いよいよアキヒトが退位し、ナルヒトが新天皇となる5月1日が近づいてきました。

 「おわてんねっと」はすべての皆さんに、「終わりにしよう天皇制!反天WEEK」の連日のたたかいへの結集を全力で訴えます。
 平成の天皇制は、アキヒト・ミチコともに、社会のなかでの活動の幅をひろげてきました。日本国憲法が想定した天皇の役割をはるかにこえて、被災地や各地への訪問を繰り返し、また「慰霊の旅」と称して日米戦の激戦地を巡り、感謝・感激する日本人の姿がマスコミで報じられてきました。
 しかし、天皇の微笑みは人々から「抗う力」を奪い、侵略の歴史を忘却することに最も力を発揮してきたのではないでしょうか。天皇制は、日本帝国主義の侵略の歴史を、社会を覆う差別や搾取を、曖昧うやむやにする日本国家最大の仕掛けです。
 東京五輪をへて、2020年代の日本は、より深刻な状況を迎えるでしょう。
 わたしたちがこの困難な時代を、権力者に騙されず「抗う力」をもって生き抜いていくためには、天皇制の呪縛から解き放たれねばなりません。
 日本帝国主義がアジアに残した深い傷跡と向き合い、新たに国外から移住してくる人々と手を取り合うためにも、天皇制の壁を突き崩さなければなりません。
 天皇「代替わり」とたたかうなかで、未来を切り開く想像力を解き放ちましょう!
 奉祝ファシズムの腐った空気に風穴をあけましょう! 終わりにしよう天皇制! 共に!
 
 
終わりにしよう天皇制!「代替わり」反対ネットワーク(おわてんねっと)
 
Twitter: 「おわてんねっと」

【スケジュール】

4月27日(土) 今こそ問い直そう!天皇制 練馬集会
講演:伊藤晃「象徴天皇制の正体」
●会場:練馬区立厚生文化会館(練馬駅10分)
●18:15開場/18:30開始予定
主催:アキヒト退位・ナルヒト即位問題を考える練馬の会

→報告はこちら

4月28日(日) 沖縄デー集会
講演:天野恵一「アキヒト天皇と沖縄」
●文京区民センター2A(水道橋駅・後楽園駅)
●17:45開場/18:00開始

→報告はこちら

→こちらにも報告があります(レイバーネット)

4月29日(月) 反「昭和の日」立川デモ
●緑町公園(立川駅からモノレール下歩道を北上10分・IKEA向かい)
●13:15開始/14:00デモ出発
 ※立川テント村と共催

→報告はこちら

→写真はこちら

4月30日(火) 退位で終わろう天皇制!新宿大アピール
●新宿東口アルタ前広場・16:30集合

→報告はこちら

→写真はこちら

→映像はこちら(レイバーネットTV)

5月1日(水) 新天皇いらない銀座デモ
●ニュー新橋ビル地下2Fホール(新橋駅前)
●16:00開始/17:00デモ出発

チラシはこちらから → ダウンロード
 
 

【呼びかけ】天皇「代替わり」直前!今からでも”NO”と言おう集会

「天皇、何かヘンかも」と思う人。
「代替わりのときくらい反対したいな……」という人。
もちろん常連の皆さんも!

おわてんねっとが総力を挙げて5つのテーマで現代天皇制の問題を指摘します。

  • 代替わりと天皇教
  • 米国と天皇
  • くらしと天皇
  • あとつぎ問題
  • 女性と天皇

日時:3月30日(土)13時15分開場 13時30分開始
会場:文京区民センター 2F(JR水道橋駅 地下鉄後楽園駅 都営線春日駅など)

→  チラシはこちらから

→ 報告はこちら

【呼びかけ】2月24日の政府主催在位30年式典に反対しよう

 政府は、天皇明仁の退位を前に、これを記念する行事を催そうとしています。しかし、明仁が天皇の地位にあったこの30年は、明仁を祝い記念するに値するものでしょうか?

 明仁が天皇になった1989年は、ベルリンの壁が崩壊した年でも知られていますが、バブル景気が絶頂のときでもありました。これがその後どうなったかは、誰もが知るところでしょう。そして、明仁の大嘗祭は、湾岸危機のまっただなかで催されました。

 明仁は、即位したときに何と言ったかを思い起こしましょう。彼は「皆さんとともに日本国憲法を守り,これに従って責務を果たすことを誓い……」と述べましたが、その直前には昭和天皇裕仁が「ひたすら世界の平和と国民の幸福を祈念され,激動の時代にあって,常に国民とともに幾多の苦難を乗り越え……」と述べています。裕仁が、政治的、宗教的、軍事的なあらゆる権力を有していたときに何が起きたかについて、明仁は十二分に知り、それにもかかわらずこうした発言をしたわけです。さらに裕仁は、戦後になってもその権威権力を行使し続け、沖縄を米軍基地へと売り渡しています。もちろんこのことも明仁は知っているのです。
 明仁天皇は平和主義者であると、世上に流布されています。しかし、こうして裕仁から引き継がれた天皇という地位において、彼が果たしたことは何だったのか。日本国家は「湾岸戦争」ののち、海外派兵を実質的に開始しました。そして、その後、天皇が自衛隊や米軍などを賞し栄典を与えることが、現在もなお続いています。「平和を祈る」天皇として彼の行為は語られていますが、それは、本質とは大きくかけ離れたものです。

 「平成」と呼ばれる明仁の在位期間に何があったのか、さまざまな方向から思い出してみませんか? そして、その中で、天皇や天皇制が果たした役割を、一つひとつ、ちゃんと見直してみませんか?

天皇の在位30年を祝う? いや、私たちは祝わない!
反対の声を上げ、行動していこう!

 

天皇在位30年記念式典に反対しよう

 

*この行動は終了しました。

→報告写真はこちら。

→こちらにも写真があります。

【呼びかけ】天皇「代替わり」に反対する 2.11反「紀元節」行動へ

今年、1年をかけて行われる天皇「代替わり」儀式。それは、象徴天皇制の下で、隠されてい る皇室祭祀が、天皇制を支えるもう一つの柱にほかならないという事実をさらけだす。それらは 紛れもなく国家神道の儀式であることを無視してはならない。 私たちは、この「代替わり」総体との対決という課題を掲げた、今年の反天皇制運動を、天皇 制国家の起源として虚構された「紀元節」に反対する行動から開始する。 今年は、さまざまな天皇儀式が繰り出され、天皇制が神聖かつ大切なものであるという意識が、 人びとの日常意識にすり込まれる。それは、天皇の神聖性を通して日本国家の神聖性を自明のも のとする、国家主義の攻撃でもある。こうした攻撃にひとつひとつ反撃し、さまざまな視点から 天皇制を問い続けていこう。まずは、2.11 反「紀元節」行動へぜひご参加下さい。

講 師:菱木政晴 さん(靖国合祀イヤですアジアネットワーク、即位・大嘗祭訴訟呼びかけ人)

[日時]2月11日(月・休)13:15 開場(13:30 開始)集会後デモ

[会場]在日本韓国 YMCA 9F 国際ホール(JR・地下鉄水道橋駅)

[資料代]500 円

主催 ●天皇「代替わり」に反対する 2.11 反「紀元節」行動

【呼びかけ団体】 アジア連帯講座/研究所テオリア/戦時下の現在を考える講座/立川自衛隊監視テント村/反安保実行委員会/反天皇制運 動連絡会/「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会/靖国・天皇制問題情報センター/連帯社/労働運動活動者評議会

2/11行動へ集まろう

*この行動は終了しました。

→こちらに写真があります。

【声明】靖国神社での抗議行動は正当だ! 東京地裁は直ちに2名の勾留を解け! 公判闘争を支援しよう!

2018年12月12日、靖国神社外苑で、2人の香港人の男女が「建造物侵入」の容疑で逮捕された。

男性は、「南京大虐殺を忘れるな 日本の虐殺の責任を追及する」と書かれた横断幕を広げ、日本軍国主義、南京大虐殺、靖国神社A級戦犯合祀に対する批判のアピールを行った。女性は、男性の抗議行動をビデオで撮影していた。抗議を開始してまもなく、靖国神社の神門付近にいた守衛がやめるように言ってきたので、男性が立ち去ろうとしたところ、複数の守衛が2人を取り押さえ、警視庁に引き渡した。

2人はそのまま逮捕・勾留され、さらには12月26日に起訴されてしまった。その身柄は今なお警察署の「代用監獄」に留め置かれている。1月15日の弁護団による保釈申請に対しても裁判所はこれを却下。2人はすでに1ヶ月以上も勾留され続けているのだ【注】。

「人質司法」といわれる日本の刑事司法のありかたは、内外から多くの批判を浴びている。今回2人は、「正当な理由なく靖国神社の敷地内に侵入した」建造物侵入という罪状で起訴された。だが、外苑は誰でも自由に出入りできる場所だ。仮に有罪となったとしても微罪であるのに、今回2人に対して加えられている逮捕、起訴、長期勾留という事態は、まさにアジアの人びとが、靖国神社において公然と抗議行動をおこなったことに対する「見せしめ弾圧」であったと言わざるを得ない。この強硬な姿勢が、安倍政権においてより顕著になっている歴史修正主義、国家主義の強権的姿勢と無関係であるはずがない。

抗議のアピールが行われた12月12日という日付は、1937年12月13日の日本軍による「南京陥落」の前日である。この日を前後しておこった、日本軍による膨大な中国市民の虐殺=「南京大虐殺」の歴史的事実を、日本の右派および右翼政治家は一貫して矮小化し、実質的に否定しようとしてきた。また香港は、アジア・太平洋戦争のさなか、3年8ヶ月にわたって、日本の軍政下に置かれた地である。日本政府は、戦後一貫して侵略戦争被害者への謝罪も補償もしないばかりか、歴史的事実を転倒させ、東アジアの平和を求める動きに逆行し続けてきた。このような日本政府のあり方を、中国やアジアの民衆が強く糾弾するのはまったく当然のことである。男性は、歴史問題に関する自らの意思の表現として、この象徴的な場所で抗議行動を行ったのだ。それが靖国神社に立ち入った「正当な理由」でなくて何であろうか。

また、逮捕された女性は、市民記者として、男性の抗議行動を記録していた。それが、男性と共謀の上「侵入」したとして罪に問われたのである。これは明らかに、報道の自由に対する不当な介入でもあると言わなければならない。

私たちは、この日本社会に暮らすものとして、彼らの行為が提起したことの意味を受け止めながら、剥奪され続けている2人の人権を回復し、彼らを被告人として3月から開始される裁判闘争を、香港の友人たちとともに支えていきたいと考える。

本事件に関する注目と司法権力への監視を。3月公判への傍聴支援を。そして2人の裁判闘争を支えていくためのあらゆる支援とカンパを訴えます。

(2019年1月21日)

【注】2月3日現在、1人は東京拘置所に移監されており、もう1人も近く東拘に移監の見込み。保釈請求却下に対する準抗告も1月30日に却下されている。

12.12靖国抗議見せしめ弾圧を許さない会

〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16
       石田ビル5階 救援連絡センター気付
mail: miseshime@protonmail.com
振替口座:現在口座開設準備中
*暫定措置として、「12・12靖国抗議弾圧救援」と指定のうえ、救援連絡センターに送金してくださって大丈夫です。
郵便振替 00100-3-105440 救援連絡センター
★ 法廷期日:3月7日(木)10:00〜
       3月19日(火)10:00〜
 ともに、東京地裁429号法廷

 

【呼びかけ】天皇「代替わり」に反対する2・ 11 反「紀元節」行動への呼びかけ

 一一月三〇日に公表された誕生日記者会見における秋篠宮の発言は、国費を使って「公的」に行われる天皇の「代替わり」儀式がどうあるべきかということを皇族自らが語ったという意味で、「生前退位」の意向を表明した明仁の発言がそうであったように、明白な政治的発言にほかならなかった。前回の「代替わり」儀式において、「政教分離」の観点から疑義が提出され、その違憲性が訴訟でも争われた大嘗祭に関して、「やはり内廷会計で行うべきだと思っています」と秋篠宮は述べた。「大嘗祭自体は絶対にすべきものだ」が、「できる範囲で身の丈に合った儀式で行うのが、本来の姿ではないかなと思います」というのだ。

 政教分離と簡素化に配慮しているかのように報じられたこの発言は、しかし、大嘗祭をめぐる政教分離とは何かというときに、それが天皇家の「私費」とされる内廷費から支出しさえすれば問題ないという解釈を、皇室の側から示してみせたものとしてとらえなければならない。しかし、政教分離は国家が宗教的行為を行うことを禁止する規定であって、それは当然、国家の機関としての天皇にも及ぶのだ。内廷費も税金であり、とりわけ大嘗祭は、新天皇に神格を付与する「代替わり」における宮中の秘儀として、きわめて大きな意味が与えられ、マスメディアもこれを大々的に報道する。内廷費であれば請求分離違反にならないなどというのは、まったくのごまかしである。

 他方、政府の側は、即位の礼正殿の儀や剣璽等承継の儀などを「国事行為」として、また、大嘗祭を「公的」なものとして公費を支出する姿勢を変えようとはしない。少なくとも、大嘗祭に関してはその宗教性を国も認めているのに、「日本国および国民統合の象徴」である天皇の即位に関わる重大な儀式であるからとして、そのような行為を正当化しているのである。

 二〇一九年、一年をかけて行われる天皇「代替わり」とは、四〇ほどの一連の儀式と行事の総体である。それは、象徴天皇制の下で、日常的には表に出ないで隠れている皇室祭祀が、天皇制を支えるもう一つの柱にほかならないという事実をさらけだす。日頃、明仁天皇が「護憲」天皇であると持ち上げる人々は、これを「伝統・文化」の儀式として強弁するだろうが、それが紛れもなく国家神道の儀式であることを無視してはならない。

 そして天皇「代替わり」とは、このように神聖化された天皇儀式を経て、「新たな時代」の天皇制国家・日本の姿を演出する、大きな機会となるのである。安倍政権の掲げていた「改憲四項目」の国会提示は来年以降に持ち越される見込みだが、「新たな時代」の演出が、いわゆる「戦後レジーム」を最後的に解体する明文改憲への動きと連動していくことは間違いない。新天皇徳仁が、そこにおいていかなるイメージをまとうことになるのかはまだ不分明であるが、新天皇即位直後の五月に、新天皇・トランプ会見が予定されていることに明らかなように、日米同盟のもとでの戦争国家体制に、より適合的な天皇制として、その役割を果たすに違いない。

 私たちは、この「代替わり」総体との対決という課題を掲げた、二〇一九年の反天皇制運動を、2・11反「紀元節」行動から開始していくべく、準備を開始している。言うまでもなく2・11は、神武天皇の建国神話に基づく天皇制の記念日だ。そして私たち反天皇制運動の実行委構成団体も合流して、首都圏において、反天皇制運動の大きな枠組みとして「終わりにしよう!天皇制『代替わり』反対ネットワーク」(おわてんねっと)も結成され、2・24の天皇在位三〇年式典反対行動に取り組もうとしている。この式典は、まさに「平成天皇制の三〇年」を向こう側から総括し、それを「国民こぞって」祝い、「代替わり」に向かっていこうという儀式となる。そして、新「元号」発表、四月三〇日の明仁退位─五月一日の徳仁即位、愛知植樹祭や秋田海づくり大会、茨城国体への新天皇の出席などが続く。新潟でおこなわれる国民文化祭は、「代替わり」後に天皇行事へと「昇格」する。そうして、秋の即位の礼、大嘗祭へと天皇行事は続いていくのだ。

 次から次へと、さまざまな天皇儀式が繰り出され、天皇制が神聖かつ大切なものであるという意識が、人びとの日常意識にすり込まれる。それは、天皇の神聖性を通して日本国家の神聖性を自明のものとする、国家主義の攻撃でもある。こうした攻撃にひとつひとつ反撃し、さまざまな視点から天皇制を問い続けていこう。2・11反「紀元節」行動への参加賛同を訴える。

 

天皇「代替わり」に反対する 2・11反「紀元節」行動

【呼びかけ団体】アジア連帯講座/研究所テオリア/戦時下の現在を考える講座/立川自衛隊監視テント村 /反安保実行委員会/反天皇制運動連絡会/「日の丸・君が代」強制に反対の意思表示の会/連帯社/労働運動活動者評議会

【呼びかけ】 12.23反天連討論集会  Alert!!!「代替わり」状況へ 問題の数々大検証!

●日時:2018年12月23日(日)15時開場
●場所:日本キリスト教会館4F
 地下鉄早稲田駅(徒歩8分)、西早稲田駅(徒歩12分)、
 JR高田馬場駅(バス10分)
●問題提起:天野恵一、小倉利丸、北野誉、桜井大子
●資料代:500円
●主催:反天皇制運動連絡会
 
■「この日こそは天皇制の植民地支配・戦争責任について語ろう」と、毎年その時々のホットな課題で続けてきた12.23討論集会だが、今年でめでたく最後となる。とはいえ、残念なことにそれでめでたく「天皇誕生日」がなくなるわけではない。またしても「国民こぞってお祝いするため」の新しい「天皇誕生日」が始まる。これも「代替わり」を実感させる一つのセレモニーだ。
■天皇制のセレモニーに乗っかるわけにはいくまい。私たちの手で、「ナショナルデー」とも呼ばれる天皇の誕生日に付与された意味をズラし、違う意味づけをしなくては。それは天皇制の問題点をひとつひとつ検証し、こんな制度はいらないと言っていくことでしかできない。その小さな試みを一緒にやろう。討論集会への参加を!

この集会は終わりました
→報告はこちら
→こちらにも