【集会案内】「紀元節」と「天皇誕生日奉祝」に反対する2.11-23 連続行動

■「紀元節」(2月11 日)は、神武天皇の即位をもって日本が「建国」されたとする天皇神話に基づく記念日である。それが歴史的事実ではないことを前提にしつつも、「文化と伝統」と結びついた、「日本国(民)の物語」として公定されたものとなっている。昨年の天皇「代替わり」の諸儀式においてそれをあらためて見せつけられた。そして、神武から数えて「126 代目」とされる徳仁の誕生日を祝う日(2月23 日)が、これに続く。

■私たちは、2月11 日に反「紀元節」のデモを、23 日の「天皇誕生日」には、新たな天皇制を問う討論集会を行う。

■「代替わり」を経て新たに演出される天皇と天皇制をめぐる物語を批判的に読み解きつつ、今後展開されていこうとする天皇制とそのイデオロギーに抗する行動を作りだしていこう。ぜひ、ご参加下さい。

【2.11 反「紀元節」デモ】

[日 時] 2 月11 日(木・休)16:00 集合/ 16:30 デモ出発
[集 合] 日本キリスト教会館 4F 会議室A・B(地下鉄早稲田駅徒歩5分)

 この行動は終了しました → 写真はこちら

2.23 討論集会「 天皇代替わり」とは何であったのか 再定義された象徴天皇制

[問題提起]
「代替わり」儀式と憲法:代替わり過程の総括(天野恵一)
皇位継承問題:再定義問題とどうからむのか?(桜井大子)
権力・権威の重層化問題:上皇・天皇・皇嗣の三つ巴構造(北野誉)

[日 時] 2月23 日(火・休) 13:15 開場/13:30 開始
[会 場] 文京区民センター 2A 会議室(地下鉄春日・後楽園駅) 

 

主催●「紀元節」と「天皇誕生日奉祝」に反対する2・11−23連続行動

 

→呼びかけ文はこちら