【集会報告】天皇在位三〇年記念式典反対! 銀座デモ

 二月二四日、アキヒト天皇が即位して三〇年となり、政府主催の「記念式典」が東京・国立劇場で開かれた。

 「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク」は、天皇制の欺瞞に満ちたこの三〇年を絶対に祝わないぞという声を、多くの人々に届けるために、そして何よりも私たちが天皇制に抗うために、式典の開催時間に合わせてデモを行った。

 ニュー新橋ビル地下ホールに集合し、四人の方々のアピールからスタートした。

 式典で「国民代表の辞」に選出された内堀雅雄福島県知事だが、その福島から参加してくれた仲間は、福島の人々が置かれている分断された状況を報告。権威に服従しありがたがる内堀知事に示されるように、政府の失態を覆い隠す役割を果たしているのが天皇制だと批判。

 次に部落解放同盟国立支部の仲間は、「君が代」の強制を例にあげ、差別の元凶である天皇制は本当に終わりにしましょうと力強くアピール。続いて、一坪反戦地主会関東ブロックの仲間は、同日に行われた沖縄県民投票について触れ、そして天皇夫婦の与那国訪問の役割を語った。

 与那国は台湾にも近く、国境意識が薄くボーダーレス化している地域だった。そこに自衛隊の駐屯地が出来、天皇夫婦が訪問する。空港に降り立った夫婦を、自衛隊が隊列をなして迎える光景は与那国の皇民化政策の一貫だということがはっきり見える場だったと報告した。

 最後に再稼働阻止全国ネットワークの仲間は、乳がんで亡くなってしまった高浜・若狭の詩人の『人柱』という詩を紹介。村八分にあっても、なんとか伝えようとする、声なき人々とともにあきらめることなく、天皇制の欺瞞を伝えていきましょうと結んだ。

 その後駅前広場に移動し、反天〝龍〟の見守るなか「天皇制はいらないよ」と高らかな歌声を響かせ、人々の注目を集めデモに出発。真っ青な空の下、様々なのぼりや横断幕をたなびかせ「天皇の在位を祝わないぞ」と一五〇人のシュプレヒコールを響かせた。

(金色鰐)

→報告写真はこちら。

→こちらにも写真があります。