【集会報告】「天皇退位特例法」反対の意思表示をやりきったぞ!

天皇の意向表明から始まった「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」案は、五月一九日の閣議決定後、六月二日衆議院、九日参議院を「全会一致」で通過。しかし、黙ってはいないぞ、と私たちもバタバタと動いた。

反天連も参加する反天皇制運動の実行委員会は、4・29 行動終了後、大急ぎで8・15 行動実行委の準備会を起ち上げ、立憲主義も民主主義も問答無用で切り捨て、成立を急ぐこの法案に抗議の声をあげるための取り組みを開始した。

「特例法案」閣議決定の日程はすでに報道されていた。私たちはその日に向け、国会(議員)に対する廃案を求める抗議文と、天皇宛ての抗議文をそれぞれ用意し、団体による共同声明として出すための準備に入った。閣議決定当日まであと三日足らずというなかで賛同を募り、一九日当日、それぞれ三五団体の連名で、マスコミ約三〇社、ML等に発信することができた。

二二日には各議員へのポスティング、二五日には国会前で「立憲主義を破壊する退位特例法案反対!」の横断幕をひろげ、抗議行動を行った。

二五日の国会前行動時には、賛同団体はそれぞれ四〇を超え、国会前行動には約三五名が集まった。一時間にわたるリレートークとシュプレヒコールで、反対する者など皆無のように進められる国会に向けて、天皇を敬愛し、天皇の言動に理解や共感を示す者ばかりではないこと、政府が画策する「議会の総意」で「国民の総意」となすことの不当を、また、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」案が、その成立過程も含め、すべてが違憲であることを訴えた。

約一時間の国会前行動の後、総理府・内閣官房の敷地前に移動し、天皇宛抗議文の提出行動を行った。抗議文読み上げ、文書の提出も、あたりまえのことだが何のトラブルもなく、最後までやり遂げられた。文書受け取りに出て来た担当者代理はただ面食らっていたように見えた。

楽しくやりきった、というのが率直な感想だ。平日昼間の、しかも直前の呼びかけにもかかわらず参加されたみなさま、お疲れさまでした。心配しながら、支援を送ってくださったみなさま、ありがとうございました。法案審議中に抗議の声を上げられてよかった。

やればできる。やってよかった。

(大子)