「報告」カテゴリーアーカイブ

【学習会報告】宇田川幸大『考証東京裁判──戦争と戦後を読み解く』 (吉川弘文館・二〇一八年)

 本書の評価は、評者と他の参加者で全く異なるものだった。他の参加者は、東京裁判の過程を丹念に追った興味深い著書であると評価、評者の評価は極端に言えば、事実経過をまとめたレポートだというものであった。

 著者は「あとがき」で「戦争責任問題の追及は、単なる「犯人捜し」ではない(略)人間の心を、暗黙の裡に支配している差別意識や偏見など、暴力や抑圧を支えてしまう危険因子を、戦争犯罪や戦争裁判といった様々な事例から一つ一つ確認してゆく作業、そして、今を生きる私たちが、こうした危険因子をどこまで克服することができているのかを測定する作業。(略)これらが「戦争責任・戦後責任を考える」ということなのだと思う」と記している。他の参加者の高評価はこの方法によっている。

 では、評者の不満はどこにあるか。それは著者が天皇の戦争責任を追及していないからである。もちろん、著者も「問われざる問題群と責任者」という章を置いて、その筆頭に「昭和天皇」をあげている。だが、検察側が被告人たちの「共同謀議」を立証しようとしたことに対して「国務[最高補弼者──内閣総理大臣]と統帥[最高輔翼者──軍令部総長、参謀総長]の分立、そして陸海軍の対立抗争などがあり、「共同謀議」などやりたくてもやれなかった」(一一一ページ)などと記してしまっている。両者の上にいた天皇を被告人から除外しているのであるから当然である。あたかも天皇も首相も平和を望んだのに、軍部(陸軍)が勝手に戦争をしたという城山三郎『落日燃ゆ』史観のような地平に陥っている。被告人への絞首刑執行も一二月二三日とさらりと日付のみ記されている。

 次回は、中里成章『パル判事』(岩波新書)を九月一五日に読む。

(ぐずら)

【集会報告】靖国に抗議した香港人弾圧事件 東京高裁が控訴を棄却

 八月六日、東京高裁第五刑事部(裁判長・藤井敏明)は、二〇一八年一二月一二日、靖国神社の外苑で「南京大虐殺」に抗議した香港人の郭紹傑(グオ・シウギ)さんと、その行動をビデオで記録していた嚴敏華(イン・マンワ)さんに対する不当弾圧事件に対して、「本件各控訴を棄却する」との不当判決を言い渡した。

 昨年一〇月一〇日に言い渡された二人に対する一審判決は、郭さんを懲役八か月に、嚴さんを懲役六か月に処する(未決勾留数中各一五〇日)という不当判決であった。判決後、二人は香港に強制送還されたが、無罪を訴える二人は即日控訴した。

 その控訴審第一回は六月二四日に開かれた(本紙七月号参照)。しかしながら、弁護側で準備した書証・人証は全て不採用となり一発結審、そして八月の判決言い渡しに至ったわけである。

 この日、ただでさえ狭い警備法廷は、いわゆる「物理的距離」を取るためとして傍聴者は一一人しか入れず。そこで裁判所は控訴を棄却し「本件においては、本件抗議活動自体が罪に問われているのではなく、本件抗議活動を行うために本件外苑に立ち入った行為が問題とされている」のだ、という論理で、靖国神社に対する抗議という現実を外形的に無視しつつ、実際には靖国神社に対する抗議という現実を政治的に裁いたのである。最悪の判決と言わざるを得ない。

 この不当判決を受け、二人は最高裁に上告手続きをとった。裁判はまだ終わっていない。引き続き注目を。

(北野誉)

【集会報告】国家による「慰霊・追悼」を許すな 8・15前段集会とデモ

 今年の8・15は、「国家による『慰霊・追悼』を許すな!8・15反『靖国』行動」という名称で取り組まれた。

 八月一日に「コロナ危機と天皇制」と題する集会、八月一五日には例年通りの反「靖国」デモを行うとともに、今年は、「国家による慰霊はなぜ問題か」と題するA4判三つ折りのリーフレットも作成し、国家による慰霊・追悼の問題を広く訴える試みにも取り組んだ。

 八月一日の集会では、北村小夜さんからお話しをうかがった。小夜さんには、戦中の体験を世代を超えて伝えることの難しさについて、藤田嗣治の戦争画を例にして、わかりやすくお話ししていただいた。

 藤田の戦争画は、戦争のリアルな様相を描いていることによって、戦争の残酷さを描写していてそこに反戦の意をくみ取ろうという見方が現代では散見されるが、例えば、著名な作品「アッツ島玉砕」は、陸軍の依頼によって、陸軍の意図に添った構図で描かれたもので、それは、国威発揚の目的で宣伝・展覧会公開された。展覧会に集まった人のなかには、その画に賽銭を投げる人もいた。実際に観に行った北村さんはこの絵を見て、米軍に対する復讐心を掻き立てられたという。その時代にあっては、まさしく戦争遂行に国民を動員するための戦争画にほかならなかったのだと。

 集会は、続いて医療労働研究会の片岡真理子さんから、現在進行中の「新型コロナ感染対策」から現代医療現場をどう見るかという報告を受けた。「日本政府は極端に検査を抑制し、医療も『今あるもの』で間に合わせようとしてきた」とし、その理由を「戦前からの人民管理のための行政機関である厚生省・保健所あるいは予防研究所などを駆使して、社会防衛のために感染者を『ウィルスの塊』とみなして人格を否定し、人権と治療を無視して隔離する差別対策をとり続けたからである」と指摘した。集会はコロナ禍での人数制限もあって七五名の参加。

 一五日は、韓国YMCAに集合し、日韓民衆連帯全国ネットワーク、アクティブ・ミュージアム(wam)、即位大嘗祭違憲訴訟、オリンピック災害おことわり連絡会、大軍拡と基地強化にNO!アクション2020の各団体からの連帯アピールを受けて、靖国神社に向けてのデモに出発した。デモは一五〇名の参加を得た。  

(梶野)

【学習会報告】御厨貴編著『天皇退位 何が論じられたか──おことばから大嘗祭まで』(中公選書・二〇二〇年)

 アキヒト天皇の「生前退位」を実現するのに大いに力となった安倍首相がつくりだした「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の座長代理であった著者(実質的に、その会議をしきった)の、大量の各論文に対するコメント付き編著である。

 戦後憲法の天皇規定〈非政治・非宗教の象徴天皇〉を全面的に踏みにじる「生前退位」に向けた「典範」改正要求の実現という、天皇自身の「賭け」、これへの自覚的加担者だった著者は、首相の意をも組みこんで、こんなふうに、それをうまく実現したという自慢話のトーンが著者の「はじめに」や細かく添えられたコメントを通して、全体から伝わってくるすこぶる不愉快な書物であった。

 しかし、広くマスコミにおどったいろんなジャンルのインテリの天皇制ヨイショ論文が広く集められている、この論文集(批判的な主張はゼロではないが)、この「代替わり」プロセスで何が実現させられてしまったかを、私たちがリアルに認識するには、便利な本である。

 著者は「はじめに」をこういう言葉で結んでいる。

 「平成の幕引きとともに、戦後という時代がようやく『本当』に終わったと実感している」。

 この著者のいう「終わった戦後」とは、いいかえれば戦後憲法下の象徴天皇制理解、天皇制と民主主義・人権・平和主義は、対立的である、あるいはかなり矛盾しているという戦後支配的だった思想、こう言い変えてもよかろう。それは、ほぼ消滅した思想であると強調しているのだ。この「代替わり」のプロセスに生みだされた言論をトータルに集約してみれば、象徴天皇制と平和主義はもちろん民主主義や人権とは、すこぶる調和的なものであることがハッキリ読み取れるという主張だ。この世に反天皇制運動など存在しなくなったという認識とそれは対応している。さて、私たちはどう対決する。

 次回は、宇多川幸夫『考証 東京裁判:戦争と戦後を読み解く』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー)を、8月18日に読む。ご参加を。

(天野恵一)

【集会報告】復興五輪は大嘘だ!聞こう!福島原発被災者の声

 七月一二日、「東京オリンピック・パラリンピック2020を問う練馬の会」による講演集会が、練馬区役所の地下会議室において開催された。

 東京都練馬区には、陸上自衛隊練馬駐屯地と、同・朝霞駐屯地があり、朝霞駐屯地には陸上自衛隊の総隊司令部、練馬駐屯地には第一師団が置かれている。東京五輪では、陸上自衛隊朝霞訓練場がライフルやピストルの大会会場として使用される予定だ。この種目は、各国ともに軍隊警察関係者がほぼすべて。区教育委員会などは、生徒らとの「交流」イベントや動員を「授業」の一環としても予定。この、ど真ん中の軍隊のパブリックリレーションズに反対するため「練馬の会」は結成された。

 福島原発告訴団長でもある武藤類子さんは、事故後9年を過ぎてもなお、回復どころか除染もされておらず、廃棄物、汚染土や水が膨れ上がるばかりの現状を指摘。特定のわずかな地区のみの「除染」を「成果」として五輪と結びつける、嘘にまみれた国や東電らのやり口を告発した。安倍は「復興五輪」をコロナ「克服」とも結びつけるが、福島「イノベーション・コースト構想」は原発交付金のすり替えに過ぎないし、原子力「緊急事態宣言」はいまなお解除すらされず、コロナを加えて二重の「緊急事態」にあるのが現実なのだ。「オリンピックどごでねぇ!」との怒りが胸に残った。

 発言の二人目は、「2020オリンピック災害おことわり連絡会」で、「延期」とされているこのオリパラが、それほど矛盾に満ちたイベントであるかを、さまざまな方面から説得的に展開した。さらに三人目は、これまで反貧困ネットで活動してきた瀬戸大作さん。現在、その活動に加え「新型コロナ災害緊急アクション」として対応を広げており、この日も突然の依頼で相談者保護の対応をしてきたばかりとのことで、突然仕事を奪われる形になった多数の人びとがいる重い現実について報告された。

 区の施設のため、より「密」を意識して席数を絞りながら、六二名の参加と、発言者への支援カンパを集めることができた。会としては、これ以降も、一〇月に岡崎勝さんをお呼びしての集会などを予定している。

(蝙蝠)

【学習会報告】山本太郎『感染症と文明──共生への道』(岩波新書・二〇一一年)

 『ミミック』と言う怪物映画がある。虫を媒介とした感染症の猛威に人類はその虫を捕食する虫を開発、虫ごと感染症の根絶に成功するが捕食した虫が怪物化して人類を襲う話だ。こう書けば誰もが、虫ごと感染症の根絶なんて、やっぱり怪物映画は乱暴で出鱈目だと思う。では感染症だけ根絶ならいいのか? 現に天然痘は根絶されている。だが著者は、天然痘が消えたことによってどんな影響が表れるかまだ分からないと言う。天然痘の存在が他の、より有害な感染症への防波堤だったかもしれないと。

 本書は文明によって感染症が人類に定着・拡大していく様を一万二千年前から現代まで、フィジーからヨーロッパ、アフリカを経てグリーンランドまでを舞台に多くの具体例で描く。病気を「ヒトの環境適応の尺度」と考えればヒトは農耕・定住に未だに適応していないとも考えられる。感染症はウイルスや細菌がヒトに適応する過程であり、幾つかの段階を経て最終的にはヒトから消えていく。身体から消えなくとも、潜伏期間が百年単位ともなれば感染しているだけで発症はない。それでいいのではないかと著者は言うのだ。私たちの国の首相のようにウイルスと「戦争」したがる者と対極の発想がここにある。

 他にも開発と感染症の関りや、植民地と医学の関りなど考えさせられる。西洋医学が近代科学足りえたのは熱帯感染症と出会ったからだとは。

 感想・議論はこの間の「感染症」をめぐる様々な事柄について行われた。そうした議論の前提として今回は脱線してこの本を読んでもいる。そろそろこの間の様々な事柄を集会なりいろんなやり方で検討すべきではないかと思っている。

 次回は、御厨貴「天皇退位 何が論じられたのか——おことばから大嘗祭まで」(中公選書)を7月21日に読む。ご参加を。

(加藤匡通)

【集会報告】6・24見せしめ弾圧を許すな 高裁結審

 一昨年一二月一二日、靖国神社外苑で「南京大虐殺を忘れるな」という横断幕を掲げ、日本の侵略戦争と軍国主義に抗議した香港のグオ・シウギさんと、その行動を撮影し配信していたフリーランスジャーナリストのイム・マンワさんはその場で警備員の手で警察に引き渡された。二人は逮捕・起訴・ 一〇ヶ月に及ぶ拘禁の末、昨年一〇月、東京地栽でグオさん八ヶ月、イムさん六ヶ月、執行猶予三年という不当な有罪判決を言い渡された。たった一分足らずの抗議行動に対する過酷すぎる仕打ちだった。二人は直ぐに控訴し、先日六月二四日、控訴審公判の第一回が開催された。

 二人を支援する、「見せしめ弾圧を許さない会」では、この控訴審に向けて二人の無罪を訴える署名を呼びかけた。コロナ感染拡大で署名をお願いする機会が皆無の約一ヶ月間、郵送とウェブだけが頼りの署名は、五八一筆。泣きたくなるような筆数だが、ウェブではたくさんの意見をいただいた。心強い思いで、公判二日前の二二日、裁判所前でのアピール行動と高裁第五部刑事部に署名を提出した。

 しかし、なんと第一回公判で結審。次回判決を言い渡される。弁護団と許さない会は、判決まで諦めずに無罪を訴えていく。彼らは、侵略戦争も南京大虐殺もなかったという恐ろしく歪んだ日本社会の歴史認識に批判を突きつけた。その二人を見せしめ的に弾圧する国家権力とそれに追随する司法を容認するわけにはいかない。彼らを有罪にすることで、この社会の歴史認識はまた一歩後退する。ともに声をあげていただきたい。

(大子)

【集会報告】今こそ問う「安保・沖縄・天皇」 4・ 28 ─ 29 連続行動実行委員会報告

 新型コロナ騒ぎの真っ只中、今年も4・28─29連続行動を呼びかけるために、〈今こそ問う「安保・沖縄・天皇」4・28─29連続行動実行委員会〉を立ち上げた。連続行動の一〇日前、四月一九日には秋篠宮の「立皇嗣の礼」が予定されていた。天皇「代替わり」締め括りの儀式と位置付けられていた、皇嗣となった秋篠宮の国内外に向けた「お披露目」儀式を黙って過ごすわけにはいかず、実行委はこの日に向けて「天皇も後継ぎもいらない、アキシノノミヤ立皇嗣を認めない」4・19討論集会を準備することとした。しかしコロナ情勢は例外を許さず、私たち実行委をも巻き込んでいった。私たちは、コロナ状況下の運動を課題に議論するという初めての経験も繰り返しすることになった。

【4・19緊急「行幸通り」行動】
 4・19討論集会では、「秋篠宮論」と「皇位継承論」を巡って議論を交わす予定だった。しかし巷ではコロナ感染拡大で使用禁止となる会場が続出し、四月に入ると「立皇嗣の礼」延期説も浮上した。実行委では集会開催をめぐり異例の議論を重ねた。結論は、会場が使える場合でも屋内集会は中止とし、実行委有志による街頭での抗議行動に切替えた。たとえ屋外であっても、行動を呼びかける側には立てないという実行委内部からの声があり、そのようなメンバーのスタンスも尊重しつつ、出来る限りの行動も追求するといった議論の結果だ。結局会場は使用禁止となった。当日五日前には「立皇嗣の礼」の延期が閣議決定。それでも予定どおり集まり、「延期ではなく中止しろ!」を訴えることとした。
 場所は東京駅中央口(丸の内側)前の「行幸通り」。広場のような広い歩道で、昨年一一月、おわてんねっとの呼びかけで大嘗祭当日の抗議行動を行った皇居から一キロ圏内の、あの場所だ。あの時は大勢の参加者と通行人で賑わった。四月一六日に政府が「緊急事態宣言」を全都道府県に拡大したばかりのこの日は、人通りは極端に少なかった。それでも通行人はいたし、立ち止まって私たちの行動を見物する人たちもちらほら。「緊急事態宣言」下の緊急行動としてはいい出来だったと私たちは考えている。

 討論集会を諦め、集まった人も三〇名と小規模だが、参加者の多くが発言してくれ、充実した一時間のトークリレーが作り出された。その後、全員で横断幕やプラカを掲げ、だだっ広い歩行者道を皇居に向かって二〇〇メートルほど歩き、皇居のこんもりとした森を見ながら、実行委声明を読み上げ、みんなでシュプレヒコール。 風を受けながらの実に気持ちのいい行動だった。皇居か
ら八〇〇メートル。私たちの声は皇居に届いたか?

 この日の行動は時間や場所など数回の変更を余儀なくされ、チラシやネット上の案内も訂正を繰り返した。デモ申もやっていない。ギリギリの変更に気づかず変更前の会場に参加者が来るのではと、実行委メンバーが変更案内のために会場に出向いたほどだ。それなのに当日現地の警察官は恐ろしく多かった。装甲車も数台。警察の情報網はまったくもって訝しい。

【4・28─29】
 二八日の沖縄デー集会は会場が使えずやむなく中止。当日は「米軍優位の日米地位協定と日米合同委員会の密約」というタイトルで吉田敏弘さんに講師をお願いしてあった。チラシも配った後だが、断腸の思いで断念した。

 二九日は反「昭和の日」デモ。集合場所に予定していた千駄ヶ谷区民会館も使用できず、会館前に集まった。「緊急事態宣言」直下のデモに八五人以上が参加。私たちの気持ちは大いに盛り上がり、元気に原宿駅前を通り、渋谷の街を歩いた。

 少ないとはいえ原宿・渋谷を歩く人たちはいた。私たちは、なぜ新型コロナ感染拡大に怯える街を、わざわざ「昭和の日」に反対してデモをやるのかを訴えた。ここでも恐ろしく警察は出ていたし、装甲車もあちらこちらに列をなしていた。右翼もほとんどいないのに、おかしすぎる。引きこもっている間にとんでもない社会になってしまうのではないか、という懸念は大きくなる一方だ。感染も怖いがこっちも相当に怖い。実行委は「コロナ状況」やさまざまな戒厳体制を乗り越えられる運動の模索を考えていきたい、と思いを新たにしたのだった。

(大子)

*今こそ問う「安保・沖縄・天皇」 4・ 28 ─ 29 連続行動実行委員会報告集より

【学習会報告】佐瀬隆夫『1942 年アメリカの心理戦と象徴天皇制──ラインバーガーとジョゼフ・グルー』(教育評論社・二〇一九年)

 アメリカが大日本帝国との戦争に向けた調査や準備は、きわめて周到なものだったことが、公開文書から明らかになっている。パールハーバーからの開戦に先立つ日中戦争の戦争政策はもちろん、戦時中の兵站や国内状況から、連合国の勝利を見切ったうえでの日本支配や戦後の東アジア政策など、資料を基にした研究が
発表されるたびに目を瞠らされる。

 この本は、五百旗頭真や中村政則、とりわけ加藤哲郎による先行研究をベースに、日米戦がはじまった直後から、P・M・A・ラインバーガーとJ・C・グルーらにより、いかにアメリカにとって少ない損害で、対日戦争勝利と戦後支配を実現していくための構図が描かれたかを明らかにしている。日本人の権威主義的性格を利用し、天皇制帝国を「象徴天皇制」に組み替えることで、アメリカの占領政策〜戦後体制を盤石なものとした。その目的で一九四二年に描かれたのが『日本計画』で、それは絶大な成功をもたらした。紹介された分析の内容は差別的だが、無念にもイタいほど正鵠を射ている。それにしても、現在の政治やメディアを跋扈するウヨたちの「歴史認識」が、八十年以上も前のアメリカの対日分析の掌中を、いまだ一歩も出ない。ましてや大日本帝国を「栄光」という連中に至っては、「象徴天皇」裕仁や吉田茂ら「重臣」など米国のパペットたちすら、肚の中で笑うだろう。

 ラインバーガーは、政治学の研究者から陸軍情報部で軍務につき、後にはSF『人類補完機構シリーズ』(コードウェイナー・スミス名)などの小説家としても知られる博識多才の人物。また、著者の佐瀬は銀行勤務のなかで日本型企業文化への疑問から天皇制を意識し、定年後に研究生活に入ったというたいへんな晩学で、正直なところ脱帽し、何歳になっても努力しなきゃと感じる。本の内容のアウトラインはあるていど知られてもいるので、議論はこの「心理戦争」や、戦後天皇制の構図の巧みさ、分析のバックグラウンドの知識の評価から、やや脱線気味に広がった。

 次回はちょっと毛色を変えて、山本太郎「感染症と文明」(岩波新書)を7月21日に読む。ご参加を。

(蝙蝠)

【集会報告】5・13再稼働工事をやめろ!「原電」要請行動

 新型コロナウイルス・パニックというべき状況下の今でも、政府・電力会社・原子力規制委の一体化した原発再稼働推進政策は着々と実行され続けている。五月一三日、「規制委」は原発の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出す青森県の日本原燃六ヶ所再処理工場を基準に「適合」の判断を示した。

 この日私たちは、東海第二原発の「安全性向上対策工事」と名付け、県外から一七〇〇人以上の作業員を集めて進めている、再稼働のための工事に抗議。「日本原電」への工事ストップ要請行動を行った。

 玄海原発では、作業員に感染者が出て工事は中止されている。また柏崎原発でも社員の中で感染者の発生が伝えられている。さらに全国的にゼネコンによる工事の中止。こうした状況の中で、工事を中止することすらしない「原電」。

 「今、国をあげて、新型ウイルス感染拡大を食い止めるために学校をはじめ生産現場・オフィス、工事現場まで休業して感染拡大を抑えようとしています。記者は『特措法』の『指定公共機関』とされる『電気又はガスの供給、その他の公益的事業を営む法人』とされますが、法の趣旨からすれば感染拡大防止のために緊急性のない工事を止めることこそ求められていると解するべきと考えています。そして、何よりも地元に寄り添い、東海村をはじめとする茨城県内での感染拡大防止のために、工事を中止して企業としての協力を行うべきではないでしょうか」(「要請文」)。

 この状況で、放射能をまきちらす原発の再稼働のための工事ストップを要求するのは、あたりまえ。再稼働されてしまっている原発も、再稼働をストップすべきである。そもそも原発そのものが「不要」なものなのだから。

(天野/とめよう!東海第二原発首都圏連絡会)