反『昭和の日』プロジェクト
Anti Showa Day Project
プロジェクトについて
ニュース
署名はここからどうぞ
プロジェクトへのメッセージ

前回のプロジェクト

プロジェクトについて

 5月13日、自由民主党、公明党、民主党の3者によって、極めて愚劣なこの法案は、ついに参院においても可決されました。私たちは、これに抗議するとともに、「昭和の日」を廃止させるために、今後ともさまざまな面からの闘いを続けていくつもりです。
 「昭和天皇」裕仁が、1945年以前の「大元帥」の時代はもちろん、敗戦後に至っても、日米安保やそれに基づく軍事体制に深くコミットし続けたことは、「沖縄メッセージ」をはじめとする歴史資料においてもすでに明らかであり、これは現在の戦争国家体制を導いたものでもあります。

「昭和の日」成立に抗議し、その廃止を求める

 昭和天皇の誕生日である四月二九日を「みどりの日」から「昭和の日」に、五月四日の「国民の休日」を「みどりの日」にそれぞれ変更する改「正」祝日法が、五月一三日、賛成多数で可決、二〇〇七年から施行されることになった。
 この「昭和の日」制定に私たちは抗議する。日本政府はこの半世紀の間に、天皇神話に基づいた紀元節復活を意味する「建国記念の日」を制定し、天皇の在位期間を一つの時代として命名する「元号法」、戦争と天皇賛美のシンボルである「日の丸・君が代」を「国旗・国歌」とする「国旗及び国歌に関する法律」、そして今回の「昭和の日」を制定した。日本が天皇制の国であることを日常的に認識させ、天皇制を押しつけるための装置を、政府は一つひとつ積み上げてきているのだ。
 この「昭和の日」は、廃案となった過去二回の法案と同じ「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」がその意義であるという。
 私たちは、この法案が国会に上程されるたびに少なくない数の個人や団体と共同で反対の声をあげてきた。「激動の日々」と称される侵略戦争と植民地支配の時代の最高責任者であった「昭和天皇」はもちろん、「復興」の象徴すなわち、戦争責任をまったくとらずに延命し、アメリカの意向に沿った戦後国家(日米安保体制)づくりや今日の戦争国家日本への道を準備した象徴天皇制下の「昭和天皇」をも、賛美しその誕生日を祝う気などはないと。
 昭和天皇裕仁が、60年前に敗戦を迎えたあの侵略戦争とアジアへの植民地および占領支配の最高責任者であったことは歴史的事実である。そして戦後、その戦争責任をとらないまま、「象徴天皇」として延命し、朝鮮戦争やベトナム戦争に便乗して、多くの人々の死と生活破壊の上になされた「復興」の象徴となったのだ。
 いま日本政府がなすべきことは、「昭和」を記念することではまったくなく、アジア諸国に対する近代日本の侵略の歴史と真摯に向き合い、隠していた歴史の真相をあますことなく明らかにし、その事実の重さを深く認識し、戦争被害者に謝罪と補償を行うことであり、その最高責任者、すなわち天皇に責任をとらせ、天皇制という制度を廃止することである。私たちのこういった主張はまったく無視され、「昭和の日」は賛成多数で成立した。それどころが事態は「昭和天皇記念館」がつくられるところまで来ている。
 私たちはこれからも繰り返し抗議し、主張する。侵略戦争と植民地支配、「高度成長」という名の経済侵略を全面展開した天皇裕仁の年号「昭和」を冠した祝日はまっぴらである。アジアの人々と連帯し、共に生きる努力とは対極にある、この「昭和の日」の廃止を求める。

2005年5月

アジア平和連合(APA)ジャパン、 アジア連帯講座、 新しい反安保行動をつくる実行委第9期、 海老名解放教育研究協議会、 押しつけないで!「日の丸・君が代」おびひろ・とかち親の集い、 改憲と天皇制の戦争責任を問う4.29集会実行委員会、 神奈川教育労働問題研究会、 かながわ平和憲法を守る会、 関西共同行動、 京都「天皇制を問う」講座実行委員会、 北九州がっこうユニオン・うい、 北九州ココロ裁判原告団、 憲法勉強会ベアテの会、 国連・憲法問題研究会、 「心に刻む集会」.四国、 参戦と天皇制に反対する連続行動、 山谷労働者福祉会館活動委員会、 市民運動ネットワーク長崎、 市民自治を創る会(札幌)、 市民の意見30の会・東京、 自由大好き!市民の会(佐賀)、 「昭和天皇記念館」建設阻止団、 女性と天皇制研究会、 人権平和浜松、 セルフ・エスティーム・リンケージ、 戦争への道に反対する真宗者の会、 戦争への道を許さない女たちの会(札幌)、 戦争なんて認めない!市民運動大集会(札幌)、 超ぴんち!福岡、天皇制に問題あり!福岡連絡会、 天皇制を考える広島ネットワーク、 日韓民衆連帯全国ネットワーク、 日本基督教団九州教区伝道センター平和・人権部門、 日本基督教団兵庫教区天皇制問題特設委員会、 派兵チェック編集委員会、 反戦反天皇制労働者ネットワーク、 反天皇制運動連絡会、 はんてんの会(反天皇制連続講座実行委員会)神戸、 ピースサイクル全国ネットワーク、 ピース・チェーン・リアクション、 ピープルズ・プラン研究所、 広島瀬戸内新聞、 「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会、 「日の丸・君が代による人権侵害」市民オンブズパーソン(大阪)、 「日の丸・君が代」の強制に反対する市民運動ネットワーク、 「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会、 「日の丸・君が代」はいらない! くにたち・一橋ネット、 福岡地区合同労働組合、 不戦へのネットワーク、 仏教徒非戦の会・福岡、 プライバシーアクション札幌、 へいわとふくしを見つめる会、 平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡、 明治大学駿台文学会、 靖国解体企画、 靖国参拝違憲「福岡判決」を活かす会、 有事法制反対ピースアクション、 許すな!憲法改悪・市民連絡会、 「ゆるすな戦争!香川の会」、 「歴史は消せない!」みんなの会(香川)、 VAWW-NETジャパン【62団体】 および反天皇制運動全国交流会(第35回)参加者・団体一同

反「昭和の日」プロジェクト

反『昭和の日』プロジェクト